「三菱デリカD:2」の安全装備が充実

2014.08.21 自動車ニュース
「三菱デリカD:2 S AS&G」
「三菱デリカD:2 S AS&G」

「三菱デリカD:2」の安全装備が充実

三菱自動車は2014年8月21日、コンパクトワゴン「デリカD:2」に一部改良を実施し、販売を開始した。

新グレードの「リミテッド」。ボディーカラーは「コメットグリーンパールメタリック」。


	新グレードの「リミテッド」。ボディーカラーは「コメットグリーンパールメタリック」。

デリカD:2は、三菱がスズキからOEM供給を受けて販売している5ナンバーサイズのコンパクトワゴンであり、「スズキ・ソリオ」の姉妹モデルにあたる。

今回の改良では、車両の横滑りを防止する「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」と、坂道発進時の後退を抑える「ヒルスタートアシスト」を全車に搭載したほか、自動緊急ブレーキシステム「FCM-City」を、「S AS&G」「S」「X」に標準装備とした(従来は同3グレードにオプション設定)。

またボディーカラーの展開を見直し、新色の「コメットグリーンパールメタリック」を採用。新グレードとして、エンジンスイッチ、キーレスオペレーションシステム、ワンタッチ電動スライドドア(リア助手席側)などの機能装備を充実させながら、価格を抑えた「Limited(リミテッド)」を追加設定した。

価格は以下の通り。
・リミテッド(FF):151万5240円
・リミテッド(4WD):167万7240円
・G4(4WD):172万5840円
・X(FF):166万1040円
・X(4WD):182万3040円
・S(FF):178万4160円
・S(4WD):194万6160円
・S AS&G(FF):188万6760円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】 2011.4.5 試乗記 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)
    ……165万6000円

    ミニバン「デリカ」シリーズのエントリーモデル「D:2」に試乗。兄弟車「スズキ・ソリオ」と乗り比べ、その違いを探ってみた。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る