BMWの新型クロスオーバー「X4」受注始まる

2014.08.21 自動車ニュース
「BMW X4 xDrive35i Mスポーツ」
「BMW X4 xDrive35i Mスポーツ」

BMWの新型クロスオーバー「X4」受注始まる

BMWジャパンは2014年8月21日、新型クロスオーバーモデル「X4」の国内導入を発表するとともに、受注を開始した。デリバリーは同年10月にスタートする見込み。

スポーティーグレード「Mスポーツ」の内外装は、専用のドレスアップパーツで飾られる。
スポーティーグレード「Mスポーツ」の内外装は、専用のドレスアップパーツで飾られる。
日本仕様車のハンドル位置は、右側のみとなる。(写真は欧州仕様車)
日本仕様車のハンドル位置は、右側のみとなる。(写真は欧州仕様車)
荷室の様子。開口部の広いテールゲートもセリングポイントのひとつ。
荷室の様子。開口部の広いテールゲートもセリングポイントのひとつ。
「X4 xDrive35i」の3リッター直6ターボエンジン。
「X4 xDrive35i」の3リッター直6ターボエンジン。

BMWの新型クロスオーバー「X4」受注始まるの画像

BMWの新型クロスオーバー「X4」受注始まるの画像

BMW X4は、SUVの悪路走破性とクーペのスポーティーなデザインを融合させたクロスオーバーモデルで、現在のラインナップにおいては「X6」の弟分と位置づけられる。

ボディーサイズ(欧州仕様車)は、全長×全幅×全高=4671×1881×1624mm。同じクラスの「X3」よりも高さを50mm抑えたというなだらかなルーフラインをはじめ、フロントの大きなエアインテークや起伏に富んだボンネット、サイドに流れる2本のショルダーラインなどで、スポーティーなキャラクターが強調される。

インテリアは、ほかのBMW車にも通じる“ドライバーオリエンテッド”なデザインが特徴。荷室の容量は5人乗車時で500リッターが確保され、分割可倒式(4:2:4)の後席を畳むことで、最大1400リッターにまで拡大できる。

日本導入モデルのパワーユニットは、2タイプのガソリンエンジンだ。エントリーモデルの「xDrive28i」には2リッター直4ターボ(245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpm、13.7km/リッター<JC08モード値>)が、上級モデルの「xDrive35i」には3リッター直6ターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm、12.1km/リッター<同値>)が搭載される。
組み合わされるトランスミッションは8段ATのみ。駆動方式は全車4WDとなっている。

そのほか走行性能を高めるメカニズムとしては、ステアリングのギア比を連続的に変化させる「バリアブルスポーツステアリング」や、安定したコーナリングを実現するトルクベクタリングシステム「パフォーマンスコントロール」などが、全車に与えられる。
車両の前方と側方を映し出す「サイドビューカメラ」や、車両周辺の様子を俯瞰(ふかん)映像で示す「トップビュー」、車両やドライバーの危機的状況をサポートするオンラインサービス「BMW テレサービス」「BMW SOS コール」といった運転支援システムも、セリングポイントとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

・X4 xDrive28i:674万円
・X4 xDrive28i Mスポーツ:705万円
・X4 xDrive35i:763万円
・X4 xDrive35i Mスポーツ:790万円

(webCG)

→「BMW X4」のさらに詳しい写真はこちら

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る