BMWの新型クロスオーバー「X4」受注始まる

2014.08.21 自動車ニュース
「BMW X4 xDrive35i Mスポーツ」
「BMW X4 xDrive35i Mスポーツ」

BMWの新型クロスオーバー「X4」受注始まる

BMWジャパンは2014年8月21日、新型クロスオーバーモデル「X4」の国内導入を発表するとともに、受注を開始した。デリバリーは同年10月にスタートする見込み。

スポーティーグレード「Mスポーツ」の内外装は、専用のドレスアップパーツで飾られる。
スポーティーグレード「Mスポーツ」の内外装は、専用のドレスアップパーツで飾られる。
日本仕様車のハンドル位置は、右側のみとなる。(写真は欧州仕様車)
日本仕様車のハンドル位置は、右側のみとなる。(写真は欧州仕様車)
荷室の様子。開口部の広いテールゲートもセリングポイントのひとつ。
荷室の様子。開口部の広いテールゲートもセリングポイントのひとつ。
「X4 xDrive35i」の3リッター直6ターボエンジン。
「X4 xDrive35i」の3リッター直6ターボエンジン。

BMWの新型クロスオーバー「X4」受注始まるの画像

BMWの新型クロスオーバー「X4」受注始まるの画像

BMW X4は、SUVの悪路走破性とクーペのスポーティーなデザインを融合させたクロスオーバーモデルで、現在のラインナップにおいては「X6」の弟分と位置づけられる。

ボディーサイズ(欧州仕様車)は、全長×全幅×全高=4671×1881×1624mm。同じクラスの「X3」よりも高さを50mm抑えたというなだらかなルーフラインをはじめ、フロントの大きなエアインテークや起伏に富んだボンネット、サイドに流れる2本のショルダーラインなどで、スポーティーなキャラクターが強調される。

インテリアは、ほかのBMW車にも通じる“ドライバーオリエンテッド”なデザインが特徴。荷室の容量は5人乗車時で500リッターが確保され、分割可倒式(4:2:4)の後席を畳むことで、最大1400リッターにまで拡大できる。

日本導入モデルのパワーユニットは、2タイプのガソリンエンジンだ。エントリーモデルの「xDrive28i」には2リッター直4ターボ(245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpm、13.7km/リッター<JC08モード値>)が、上級モデルの「xDrive35i」には3リッター直6ターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm、12.1km/リッター<同値>)が搭載される。
組み合わされるトランスミッションは8段ATのみ。駆動方式は全車4WDとなっている。

そのほか走行性能を高めるメカニズムとしては、ステアリングのギア比を連続的に変化させる「バリアブルスポーツステアリング」や、安定したコーナリングを実現するトルクベクタリングシステム「パフォーマンスコントロール」などが、全車に与えられる。
車両の前方と側方を映し出す「サイドビューカメラ」や、車両周辺の様子を俯瞰(ふかん)映像で示す「トップビュー」、車両やドライバーの危機的状況をサポートするオンラインサービス「BMW テレサービス」「BMW SOS コール」といった運転支援システムも、セリングポイントとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

・X4 xDrive28i:674万円
・X4 xDrive28i Mスポーツ:705万円
・X4 xDrive35i:763万円
・X4 xDrive35i Mスポーツ:790万円

(webCG)

→「BMW X4」のさらに詳しい写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る