フェラーリ458スパイダー テーラーメイド“BUSHIDO”(MR/7AT)

“現実的”な一台 2014.08.27 試乗記 スーパーカーの代名詞たるフェラーリを、さらにスペシャルな一台へと昇華させる、同ブランドの「テーラーメイド・プログラム」。一体、どんなサービスなのか? その完成車からは、どんな喜びが得られるのか? プライベートで“跳ね馬”を駆るジャーナリスト、清水草一が吟味した。

気がつけばビックリ価格

「フェラーリ458イタリア」の登場が2009年、「スパイダー」が2011年。すでにそれぞれ5年/3年も経過したことに、「まさか!」という思いを抱いてしまう。さらにまさかなのは、すでに458シリーズがモデル末期に突入しているという事実だ。今乗っても、これ以上斬新かつ美しい最強のスーパースポーツは、この世に存在しないように思えるのだが。

個人的には、2年前に人生を捨てて458イタリアを購入し、現在も超絶蜜月状態にあるが、そんな中古458イタリアオーナーである私には、458スパイダーはまったくの別世界に映る。屋根が開くだけの違いだが、プライスが違いすぎる。

2年前に私が買った中古458イタリア(2010年式・走行8000km)は、乗り出し2580万円だった。その後の景気回復で、中古相場はやや上昇気味だが、それでも新車価格(税込み2920万円)よりは、それなりに安く手にできる。
しかしこれがスパイダーになると、突然中古相場が不明になる。ほぼすべての個体が「ASK」表示、つまり「F40」や「F50」などの限定モデルと同じ世界にいるのである。458スパイダーの新車価格は3150万円だが、すべての個体がオプションを最低300万円は装備しており、1000万円を超える例も少なくない。乗り出し価格は軽く4000万円オーバーとなる。価格差が1500万円もあったら、同じ車種とは言えまい。

今回のテスト車は、フェラーリの特注カスタマイズサービス「フェラーリ・テーラーメイド」によるドレスアップ車両。ベースモデルは、日本では2011年10月にデビューした「458スパイダー」だ。
今回のテスト車は、フェラーリの特注カスタマイズサービス「フェラーリ・テーラーメイド」によるドレスアップ車両。ベースモデルは、日本では2011年10月にデビューした「458スパイダー」だ。
この個体の場合、カスタマイズのテーマは“武士道”とされている。ブルーを基調に飾られた内外装は、フェラーリの日本法人とマラネロにある本社で検討を重ねたもの。
この個体の場合、カスタマイズのテーマは“武士道”とされている。ブルーを基調に飾られた内外装は、フェラーリの日本法人とマラネロにある本社で検討を重ねたもの。
キャビン後方に縦置きされる4.5リッターV8エンジンは、570psと55.1kgmを発生。ルーフ収納スペースとの兼ね合いで、エンジン本体は一部(写真左上)しか見られない。
キャビン後方に縦置きされる4.5リッターV8エンジンは、570psと55.1kgmを発生。ルーフ収納スペースとの兼ね合いで、エンジン本体は一部(写真左上)しか見られない。
助手席側ダッシュボードに配されるエンブレム。地のレザーやステッチのカラーリングもオプションとして選択したもの。
助手席側ダッシュボードに配されるエンブレム。地のレザーやステッチのカラーリングもオプションとして選択したもの。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

458スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る