フェラーリ458スパイダー テーラーメイド“BUSHIDO”(MR/7AT)

“現実的”な一台 2014.08.27 試乗記 スーパーカーの代名詞たるフェラーリを、さらにスペシャルな一台へと昇華させる、同ブランドの「テーラーメイド・プログラム」。一体、どんなサービスなのか? その完成車からは、どんな喜びが得られるのか? プライベートで“跳ね馬”を駆るジャーナリスト、清水草一が吟味した。

気がつけばビックリ価格

「フェラーリ458イタリア」の登場が2009年、「スパイダー」が2011年。すでにそれぞれ5年/3年も経過したことに、「まさか!」という思いを抱いてしまう。さらにまさかなのは、すでに458シリーズがモデル末期に突入しているという事実だ。今乗っても、これ以上斬新かつ美しい最強のスーパースポーツは、この世に存在しないように思えるのだが。

個人的には、2年前に人生を捨てて458イタリアを購入し、現在も超絶蜜月状態にあるが、そんな中古458イタリアオーナーである私には、458スパイダーはまったくの別世界に映る。屋根が開くだけの違いだが、プライスが違いすぎる。

2年前に私が買った中古458イタリア(2010年式・走行8000km)は、乗り出し2580万円だった。その後の景気回復で、中古相場はやや上昇気味だが、それでも新車価格(税込み2920万円)よりは、それなりに安く手にできる。
しかしこれがスパイダーになると、突然中古相場が不明になる。ほぼすべての個体が「ASK」表示、つまり「F40」や「F50」などの限定モデルと同じ世界にいるのである。458スパイダーの新車価格は3150万円だが、すべての個体がオプションを最低300万円は装備しており、1000万円を超える例も少なくない。乗り出し価格は軽く4000万円オーバーとなる。価格差が1500万円もあったら、同じ車種とは言えまい。

今回のテスト車は、フェラーリの特注カスタマイズサービス「フェラーリ・テーラーメイド」によるドレスアップ車両。ベースモデルは、日本では2011年10月にデビューした「458スパイダー」だ。
今回のテスト車は、フェラーリの特注カスタマイズサービス「フェラーリ・テーラーメイド」によるドレスアップ車両。ベースモデルは、日本では2011年10月にデビューした「458スパイダー」だ。
この個体の場合、カスタマイズのテーマは“武士道”とされている。ブルーを基調に飾られた内外装は、フェラーリの日本法人とマラネロにある本社で検討を重ねたもの。
この個体の場合、カスタマイズのテーマは“武士道”とされている。ブルーを基調に飾られた内外装は、フェラーリの日本法人とマラネロにある本社で検討を重ねたもの。
キャビン後方に縦置きされる4.5リッターV8エンジンは、570psと55.1kgmを発生。ルーフ収納スペースとの兼ね合いで、エンジン本体は一部(写真左上)しか見られない。
キャビン後方に縦置きされる4.5リッターV8エンジンは、570psと55.1kgmを発生。ルーフ収納スペースとの兼ね合いで、エンジン本体は一部(写真左上)しか見られない。
助手席側ダッシュボードに配されるエンブレム。地のレザーやステッチのカラーリングもオプションとして選択したもの。
助手席側ダッシュボードに配されるエンブレム。地のレザーやステッチのカラーリングもオプションとして選択したもの。
関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編) 2016.5.26 mobileCG SUPER GTやD1グランプリで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psの跳ね馬の手綱を引いた感想は?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編) 2017.1.5 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マセラティ・レヴァンテ」がテーマ。マセラティ初のSUVはどんな人にお薦めか? 谷口視点で分析する。
ホームへ戻る