スズキ「ワゴンR」にモーターアシスト機能追加

2014.08.25 自動車ニュース
「スズキ・ワゴンR FZ」
「スズキ・ワゴンR FZ」

スズキが「ワゴンR」にモーターアシスト機能追加

スズキは2014年8月25日、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」にマイナーチェンジを実施し、発売した。

「ワゴンRスティングレー X」
「ワゴンRスティングレー X」
水色と紺色で描かれているのが「ISG」。従来のオルタネーターと同じ位置に搭載されている。
水色と紺色で描かれているのが「ISG」。従来のオルタネーターと同じ位置に搭載されている。
「S-エネチャージ」用のリチウムイオンバッテリー。従来のエネチャージ用のバッテリーをベースに、回路などを見直すことで大電流に対応している。
「S-エネチャージ」用のリチウムイオンバッテリー。従来のエネチャージ用のバッテリーをベースに、回路などを見直すことで大電流に対応している。

■エンジンの力を電気でアシスト

今回のマイナーチェンジでは、低燃費化のための新技術「S-エネチャージ」の採用や、エクステリアデザインの変更、各種機能装備の追加などが行われた。

このうち、S-エネチャージとは、スズキが既存のエネルギーマネジメント技術を応用して開発した、簡易ハイブリッドシステムである。構造はシンプルで、従来のオルタネーター(発電機)に代えて、発電に加えスターターモーター機能とモーターアシスト機能を備えた「ISG(Integrated Starter Generator=モーター機能付き発電機)」を搭載。バッテリーには、エネチャージ用のものをベースに回路などを見直すことで充電・給電性能を高め、大電流に対応したS-エネチャージ用のリチウムイオンバッテリーを採用している。

基本的には加速時にモーターでエンジンをアシストすることを想定したシステムであり、モーターのみでの走行は不可能。モーターアシストが作動するためには、(1)車速が15~85km/hの間でCVTがロックアップ状態にある、(2)エンジン回転数が3500rpm以下、(3)アクセルの踏み増し操作が行われている、(4)リチウムイオンバッテリーの充電量が所定値以上、(5)鉛バッテリー、リチウムイオンバッテリーともに温度が所定値範囲内、(6)エンジンの水温が所定値以上、という条件があり、これらが満たされた場合、最長で6秒間のモーターアシストが作動する(作動後は3秒間アシスト機能を停止する)。

「ワゴンR FZ」のインパネまわり。「ワゴンRスティングレー」と共通のメーターを採用している。
「ワゴンR FZ」のインパネまわり。「ワゴンRスティングレー」と共通のメーターを採用している。
「ワゴンR FZ」のインテリア。シートなどに用いられたライトグレーの内装色が特徴。
「ワゴンR FZ」のインテリア。シートなどに用いられたライトグレーの内装色が特徴。
「ワゴンRスティングレー X」のインパネまわり。
「ワゴンRスティングレー X」のインパネまわり。
「ワゴンRスティングレー X」のシート。
「ワゴンRスティングレー X」のシート。

■燃費性能は32.4km/リッターを実現

エンジン自体についても各部に改良を施している。具体的には、圧縮比を11.0から11.2に向上させたほか、ピストン頂面の形状を見直すことで燃焼効率を改善するとともにノッキングを抑制。摩擦抵抗を低減するために新開発の低フリクションオイルを採用し、オイルポンプも変更した。さらに、エンジン内部部品の交換により油圧特性を見直し、VVTの作動領域を拡大。エンジン制御の見直しと、それに合わせたCVT変速制御の最適化からも燃費の改善を図っている。

また、既存のオルタネーターに代えて発電効率の高いISGを採用したことにより、減速時のエネルギー回生能力が約30%向上。アイドリングストップ機能については、より高い頻度でのエンジン停止が可能となったほか、エンジン再始動時の消費電力も約10%低減した。

これらの技術の採用により、ワゴンRのS-エネチャージ搭載車は、FF車で32.4km/リッター、4WD車で30.2km/リッターの燃費を達成した。

なお、今回アイドリングストップ機構の操作性も改良。ブレーキストロークセンサーを採用し、アイドリングストップ中はブレーキが所定値まで戻されないとスターターが作動しない仕様とすることで、ドライバーの意図しないエンジンの始動を抑制した。また、ISGからエンジンへの動力伝達にベルトを用いることで、ギアを使用していた従来のシステムと比べ、エンジン始動時の車内騒音を約40%低減。スターター機能の高出力化により、よりスムーズなエンジンの再始動も実現している。

グレードは、ワゴンRが「FA」「FX」「FZ」、ワゴンRスティングレーが「X」と「T」(ターボ車)の全5種類。このうち、ワゴンRのFZとワゴンRスティングレーのXが、S-エネチャージの搭載グレードとなる。

「ワゴンR FZ」(奥)と「ワゴンR FX」(手前)。
「ワゴンR FZ」(奥)と「ワゴンR FX」(手前)。
「ワゴンR FZ」のLEDイルミネーションランプ。
「ワゴンR FZ」のLEDイルミネーションランプ。
「ワゴンRスティングレー T」のLEDイルミネーションランプ。
「ワゴンRスティングレー T」のLEDイルミネーションランプ。

■S-エネチャージ搭載車には専用デザインを採用

エクステリアデザインについても、フロントマスクを中心に大幅な変更を行った。まず、これまではワゴンRとワゴンRスティングレーとで使い分けていたボンネット形状を、ワゴンRスティングレーのものに統一。これに伴い、ワゴンRではヘッドランプとフロントグリルの意匠も改められた。

またワゴンRでは、S-エネチャージを搭載したFZのみデザインを差別化。青いLEDイルミネーションランプを備えた横基調のフロントグリルや、ブルーの加飾を施したヘッドランプとリアコンビランプ、左右両端が張り出したバンパーと台形型のロワグリル、14インチアルミホイールなどを採用した。またインテリアについても、FAやFXがダーク系の内装色となっているのに対し、FZではライトグレーとなっている。

一方ワゴンRスティングレーでは、スケルトングリルの下にメッキ加飾を施したインテーク形状の意匠を追加したほか、バックドアの下部にメッキガーニッシュを採用。フロントバンパーとロワグリルの形状も、よりワイド感を強調したデザインに変更した。

また、ワゴンRスティングレーでもXとTとでデザインによる差別化を図っており、Xではブルーの加飾を施したヘッドランプやリアコンビランプ、スモールランプに連動して点灯する青いLEDイルミネーションランプを採用。Tではフロントバンパーに備わるフォグランプの外側に、イルミネーションランプを追加している。

「ワゴンR FZ」のメーター。メーターはワゴンRの「FA」と「FX」の5MT車が速度計のみの単眼式(燃料計などは下部のディスプレイに表示)、その他のグレードはエンジン回転計と燃費計を備えた3眼式(写真)となっている。
「ワゴンR FZ」のメーター。メーターはワゴンRの「FA」と「FX」の5MT車が速度計のみの単眼式(燃料計などは下部のディスプレイに表示)、その他のグレードはエンジン回転計と燃費計を備えた3眼式(写真)となっている。
オプションの「後退時左右確認サポート機能」。左右方向から人や車両などが接近すると、ブザーと表示で警告。なお、停止しているもの、縦方向で移動しているものなどは検知できない。
オプションの「後退時左右確認サポート機能」。左右方向から人や車両などが接近すると、ブザーと表示で警告。なお、停止しているもの、縦方向で移動しているものなどは検知できない。
「自動俯瞰(ふかん)機能」。後ろ向き駐車スペースなどで、車両が白線で仕切られた区画の後端に近づくと、自動で画面が俯瞰モードに切り替わる。
「自動俯瞰(ふかん)機能」。後ろ向き駐車スペースなどで、車両が白線で仕切られた区画の後端に近づくと、自動で画面が俯瞰モードに切り替わる。
「ワゴンRスティングレー T」
「ワゴンRスティングレー T」
「ワゴンR FA」。「S-エネチャージ」を搭載しないグレードのうち、「ワゴンR FX」と「ワゴンRスティングレー T」には従来の「エネチャージ」を搭載。「ワゴンR FA」はこれらの技術を採用していない、最もベーシックな仕様となる。
「ワゴンR FA」。「S-エネチャージ」を搭載しないグレードのうち、「ワゴンR FX」と「ワゴンRスティングレー T」には従来の「エネチャージ」を搭載。「ワゴンR FA」はこれらの技術を採用していない、最もベーシックな仕様となる。

■駐車場での安全性と利便性を高める新機能

機能装備に関しては、メーターに備わるエコドライブ支援機能を強化。特にワゴンR FZとスティングレーには、走行状態によって照明の色が変わるステータスインフォメーションランプや、モーターアシストとブレーキエネルギー回生機構の作動状況を表示するエネルギーフローインジケーターなどを採用している。

また、駐車場などでの事故を予防する機能として、ワゴンRスティングレーのスマートフォン連動ナビゲーション装着車に、新たに「後退時左右確認サポート機能」と「自動俯瞰(ふかん)機能」を備えたバックアイカメラをオプション設定した。

前者は前向き式の駐車スペースから出るときなどに使用するもので、後退時にバックカメラで移動物を検知。左右方向から接近してくる人や車両などがあると、モニター画面の表示とブザーで注意を喚起する。一方、後者の自動俯瞰機能は、白線の引かれた駐車スペースにバックで駐車するときに使用するもので、車両が駐車スペースの奥(白線後端の約1~2m以内)に近づくと、モニターの画面を自動で俯瞰モードに切り替えるというもの。車輪止めの無い駐車場などで、車両後方の状況を確認したり、後ろに駐車している車両との距離をつかんだりするのに役立つという。

ラインナップと価格は以下の通り。
・ワゴンR FA(FF/CVT):107万8920円
・ワゴンR FA(4WD/CVT):119万9880円
・ワゴンR FX(FF/5MT):113万4000円
・ワゴンR FX(4WD/5MT):125万1720円
・ワゴンR FX(FF/CVT):114万4800円
・ワゴンR FX(4WD/CVT):126万5760円
・ワゴンR FZ(FF/CVT):137万2680円
・ワゴンR FZ(4WD/CVT):149万3640円
・ワゴンRスティングレー X(FF/CVT):146万1240円
・ワゴンRスティングレー X(4WD/CVT):158万2200円
・ワゴンRスティングレー T(FF/CVT):159万5160円
・ワゴンRスティングレー T(4WD/CVT):171万6120円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る