VWが「ポロ」を大幅リニューアル

2014.08.25 自動車ニュース
“ビッグマイナーチェンジ”を受けた「フォルクスワーゲン・ポロ」。
“ビッグマイナーチェンジ”を受けた「フォルクスワーゲン・ポロ」。

フォルクスワーゲンが「ポロ」を大幅リニューアル

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年8月25日、コンパクトハッチバック「ポロ」にマイナーチェンジを施して発売した。安全装備や快適装備を大幅に充実させたほか、新エンジンの搭載により燃費を従来より5%向上させるなど、“ビッグマイナーチェンジ”と呼べる内容となっている。

外観では前後のバンパーとヘッドランプのデザインが変更されている。
外観では前後のバンパーとヘッドランプのデザインが変更されている。
内装ではステアリングとメータークラスターが「ゴルフ」風に変更された。
内装ではステアリングとメータークラスターが「ゴルフ」風に変更された。
シートも新しいデザインに変更されている。
シートも新しいデザインに変更されている。
タイヤサイズは従来と変わらぬ185/60R15。
タイヤサイズは従来と変わらぬ185/60R15。
今回のマイナーチェンジで全グレードが「ブルーモーション テクノロジー」スペックとなった。
今回のマイナーチェンジで全グレードが「ブルーモーション テクノロジー」スペックとなった。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂社長と新型「ポロ」。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂社長と新型「ポロ」。

■安全装備は「ゴルフ」並みに

新型「ポロ」の見どころは、ひとクラス上の「ゴルフ」に採用されている数々の安全装備が搭載されたことだ。ミリ波レーダーで前方車両を検知しながら衝突の危険を警告し、衝突の軽減や回避を行うプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシストプラス」が標準で備わったほか、二次衝突を防ぐ「マルチコリジョンブレーキシステム」や、ドライバー疲労検知システムなどが、全車で標準装備とされた。

また、レーダーで前方車両との車間を監視し、自動的に加減速を行う「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」や、後退時に後方視界が映し出される「リアビューカメラ」も、上級グレードの「コンフォートライン アップグレードパッケージ」では標準装備、標準グレードの「コンフォートライン」ではオプションとして設定された。

■燃費が約5%向上

今回のマイナーチェンジではエンジンも改良を受け、従来モデルで最も燃費が良かった「ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」と比較して燃費が約5%向上した。

排気量は1.2リッター(ボア71.0×ストローク75.6mmの1197cc)のままで、シリンダーヘッドの4バルブ化や各所の軽量コンパクト化、アイドリングストップシステムおよびブレーキエネルギー回生システムの採用(従来型では「ブルーモーション テクノロジー」グレードにのみ搭載されていた)により、上級・標準の両グレードでJC08モード燃費が22.2km/リッターとされた。
パワーとトルクについては、90ps/4400-5400rpmおよび16.3kgm/1400-3500rpmと、従来より15psと1.5kgm控えめな設定となっている。

■“5ナンバーサイズ”を維持

一方、エクステリアデザインは、前後のバンパーとランプが手直しを受けている。地面と水平方向のラインを強調するフォルクスワーゲンのデザイントレンドに従うことで、高級感を演出したという。ボディーサイズは全長3995×全幅1685×全高1460mmと、従来型と事実上同じ(全高のみわずかに低くなっている)。引き続き、5ナンバー枠に収まっている。

東京都内で行われた発表会では、同社の庄司 茂代表取締役社長が登壇し、「ゴルフに搭載されている最新技術が採用されることにより、新型ポロは史上最高の出来となった。(乗り心地や走行性能は)まるで“小さいゴルフ”に乗っているかのようだ」と、新型の完成度の高さをアピールした。

また、2014年の後半は「コンパクトカーで攻めていきたい」と述べ、SUVルックの「クロスポロ」や高性能仕様の「ポロ ブルーGT」、電気自動車の「e-up!」などの新型車や魅力的な特別仕様車を投入することで、「(消費増税後の)反動減をプラスに転じていけると信じている」と語った。

用意されるグレードは「コンフォートライン」と「コンフォートライン アップグレードパッケージ」の2種類。価格は順に223万9000円と249万5000円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る