BMW、「1シリーズ」に“便利な機能”を追加

2014.08.25 自動車ニュース

BMW、「1シリーズ」に“便利な機能”を追加

BMWジャパンは、コンパクトハッチバック「1シリーズ」の装備を充実させ、2014年8月25日に発売した。

 

今回、「116i」と「120i」の各モデルに、「USBオーディオインターフェイス」と「ハンズフリーテレフォンシステム」が標準装備された。

各機能の詳しい内容は、以下の通り。

・USBオーディオインターフェイス
携帯電話やポータブルオーディオプレーヤーなどの音楽データを、車両のAVシステムを通じて再生できるほか、アルバムのカバーアートをディスプレイに表示し、iDriveコントローラーで選曲することが可能になる。

・ハンズフリーテレフォンシステム
Bluetooth対応の携帯電話を車両とワイヤレス接続することで、ハンズフリー通話が可能に。携帯電話の電話帳を車両のコントロールディスプレイ上に表示し、iDriveコントローラーで電話番号を入力・検索できる。

さらに、120iとM135iに標準装備されるETC車載機には、ITSスポット(DSRC)対応機能が追加され、「iDriveナビゲーションシステム」の「ダイナミックルートガイダンス(渋滞データを元に最適なルート選択する機能)」の精度が向上。落下物や渋滞に関する注意喚起情報も得られるようになった。

各モデルの価格は据え置きで、以下の通り。

・116i:317万円
・116i スポーツ/スタイル:337万円
・116i Mスポーツ:358万円
・120i:378万円
・120i スポーツ/スタイル:409万円
・120i Mスポーツ:419万円
・M135i:566万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る