スバルWRX S4(4WD/CVT)/WRX STI(4WD/6MT)

キモはボディーにあり 2014.08.26 試乗記 いよいよ登場した新型「スバルWRX」。「インプレッサ」の名を捨て、「S4」「STI」の2モデル態勢でデビューした新しいスバルの旗手を、サーキットで試す。

もう「インプ」ではない

すでに海外デビューを果たしていた新型WRXの国内発売が今の時期になった背景には、日本市場ではより重要な「レヴォーグ」との兼ね合いへの考慮があったらしい。レヴォーグはスバルきもいりの重要な国内戦略車である。WRXと同時期に発売して、存在感が薄れるのを避けたかったようだ。

それはともかく、従来の「インプレッサWRX」から数えると、今回で通算4世代目となるが、その正式車名に「インプレッサ」の冠はつかない。もっとも、先代の後期からは車体にインプレッサのバッジがつかなくなっており、その後は公式サイトやカタログなどでの呼称も、インプ名なしの「WRX」となっていた。しかし、そのいっぽうでプレスリリースなどでは最後まで「インプレッサWRX」と呼んでいたり……と、先代は富士重工内でも明確にブランド統一されていなかったフシがある。
厳格なブランドコントロールを重視する最近の風潮からすると、正直いって「意外とテキトーだな」とツッコミたくもなるが、この新型WRXからは、正式にインプレッサから独立した上級スポーツモデルという扱いが、社内外で徹底されるようである。

すでにご承知のように、ハードウエア構成では、WRXは実質的にレヴォーグのセダン版といっていい(というか、開発の時系列としてはグローバルモデルのWRXが先行して、それを追っかける形で日本専用ワゴンのレヴォーグが企画されたらしいが)。セダンとワゴンという根本的な車体形式のほか、フロントにオーバーフェンダーが形成されるのもWRXだけの特徴だが、これもインプ時代からのWRXのお約束モチーフである。

「WRX」シリーズは「STI」「S4」とも小径のDシェイプタイプのステアリングホイールが装備される。写真は「WRX STI Type S」のインテリア。
「WRX」シリーズは「STI」「S4」とも小径のDシェイプタイプのステアリングホイールが装備される。写真は「WRX STI Type S」のインテリア。
アルカンターラと本革のコンビシート。「WRX STI」では、インテリアの各所に赤いアクセントカラーが用いられる。
アルカンターラと本革のコンビシート。「WRX STI」では、インテリアの各所に赤いアクセントカラーが用いられる。
新モデルの「WRX S4」。走りに特化した「STI」に対し、こちらは高い快適性や環境性能、安全性能なども併せ持ったモデル。
新モデルの「WRX S4」。走りに特化した「STI」に対し、こちらは高い快適性や環境性能、安全性能なども併せ持ったモデル。
 
スバルWRX S4(4WD/CVT)/WRX STI(4WD/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.19 試乗記 高性能スポーツセダンの「スバルWRX STI」をベースに、エンジン、制御システム、ボディー、シャシー、内外装と、STIが余すところなく独自の改良を施したコンプリートカー「S207」。400台限定のスペシャルモデルならではの、“ツルシのWRX STI”との違いを明らかにする。
  • スバルWRX S4(4WD/CVT)/WRX STI(4WD/6MT)【試乗記】 2014.8.26 試乗記 いよいよ登場した新型「スバルWRX」。「インプレッサ」の名を捨て、「S4」「STI」の2モデル態勢でデビューした新しいスバルの旗手を、サーキットで試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.10 試乗記 高性能スポーツセダン「スバルWRX STI」をベースに、スバルのモータースポーツ活動を行うSTIが余すところなくチューニングを施したコンプリートカー「S207」。「究極のロードゴーイングSTI」とうたわれる、400台限定のスペシャルモデルの実力を試す。
ホームへ戻る