フォルクスワーゲン・ニューブリー:もしや永遠の「タイプ2」の復活?

【コレはゼッタイ!】フォルクスワーゲン・ニューブリー:もしや永遠の「タイプ2」の復活?

すでに世界初公開をジュネーブショーで済ませ、日本でもお披露目されたフォルクスワーゲンの新トランスポーターコンセプト「ニューブリー」。このレトロモダンさ、日本のメーカーにゃちょっと無理ですナ!


フォルクスワーゲン・ニューブリー:もしや永遠の「タイプ2」の復活?

■外観以外にも見どころ満載

「ニューブリー」はEVってことが一応の売りだが、それ以上にデザインと使い勝手だよね。独特のハコっぽさ、スクエアさをもちながら微妙にレトロでキュート。丸っこい初代「タイプ2」とは逆路線だが、正統な後継者という声しきりだ。

それはエクステリアもそうだが、コイツはぜひとも中に座ってほしい。全長3.99×全幅1.75×全高1.70mと、ボディーは日本のミニバン以上にコンパクトなのにもかかわらず、広々感がものすごい。特にリアシートは足元は決して広くないが、視覚的な開放感がすンばらしい!

あとはインパネですよ。デザインもさることながら、このリニアトラッキング式のiPadホルダー……超欲しい! 左右に動かせるだけでなく見える角度も自由自在で、今すぐ俺のクルマに付けたい! と思った。ホント、今のナビ、要らなくなっちゃうよコレさえあれば。

(文=小沢コージ/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。