第81回:F1の歴史からあの泣ける名画まで
夏休みに観たいクルマ映画DVD

2014.08.28 エッセイ

ファンジオ、クラーク、ヒルの走りがよみがえる

2014年2月に公開された『ラッシュ/プライドと友情』は、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの戦いと心の交流を描いた傑作レース映画だった。すでにDVD化されているので、見逃した人はぜひレンタルして観てほしい。あの映画の冒頭で、「毎年25人中2人が死ぬ」という言葉があった。F1が極めて危険なモータースポーツだった頃の話である。

『伝説のレーサーたち―命をかけた戦い―』は、F1の歴史をたどりながら安全性を向上させていった経緯を見せる。最初に映し出されるのは、1996年のオーストラリアGPでマーティン・ブランドルが激しいクラッシュを演じるシーンだ。ほとんどモノコックしか残らないような状態だったが、ブランドルは無傷でマシンから出てくる。「数年前なら命を落としていただろう」と彼は語る。1994年のサンマリノGPでアイルトン・セナが事故死して以来、F1は飛躍的に安全性を高めたのだ。

一転して、映画はシートベルトさえなかった1950年代の映像にさかのぼる。誰もがたたえる英雄は、ファン・マヌエル・ファンジオだ。彼は幾度となく危険な場面に遭遇しているが、運よくレース人生を全うすることができた。クラッシュしたら間違いなく命を落としそうなマシンでぎりぎりの勝負を仕掛ける映像は、スピードこそ今のレースほどではないが迫力満点である。

ダンディーなグラハム・ヒルのかたわらで笑顔を見せているのは、幼いころのデイモン・ヒルだ。彼はコメンテーターとしても顔を出し、ちょっとお年を召した最近の姿を披露してくれる。いい感じのおじいさんになったジャッキー・スチュワートは、最速の男ジム・クラークを語る。ラウダとハントの一件もじっくり描かれる。『ラッシュ』とこの映画、そして名作『グラン・プリ』の3本を観れば、F1好きなら大満足のはずだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。