虎ノ門ヒルズでアウディクワトロ体験を

2014.08.26 自動車ニュース
30度の斜面を横切る「バンク」セクションを行く体験車両(アウディQ3)。
30度の斜面を横切る「バンク」セクションを行く体験車両(アウディQ3)。

虎ノ門ヒルズでアウディクワトロ体験を

アウディ ジャパンは、期間限定の体験型試乗施設「アウディ・ドライビング・エクスペリエンス・クワトロパーク」を2014年8月30日に東京・虎ノ門でオープンする。それに先立ち8月26日、施設を報道陣に公開した。

東京・虎ノ門ヒルズとは愛宕下通りを挟んで隣同士という好立地にある。
東京・虎ノ門ヒルズとは愛宕下通りを挟んで隣同士という好立地にある。
クワトロ走破性体験では、上記の「バンク」を含めて3つセクションが用意される。これは「ツイスト」(前後左右のタイヤが互い違いに障害物を乗り越える)に挑んでいるところ。
クワトロ走破性体験では、上記の「バンク」を含めて3つセクションが用意される。これは「ツイスト」(前後左右のタイヤが互い違いに障害物を乗り越える)に挑んでいるところ。
「シーソー」では、20度の斜面を登り切ると、路面がシーソ―のように下り坂に変わるようになっている。
「シーソー」では、20度の斜面を登り切ると、路面がシーソ―のように下り坂に変わるようになっている。
メインの建物の中では往年の名車「アウディ・クワトロ」が展示されている。
メインの建物の中では往年の名車「アウディ・クワトロ」が展示されている。

■2015年春までの限定オープン

アウディ クワトロパークは、同社の四輪駆動システムであるクワトロの走破性能体験と、「A8」などのハイエンドモデルの試乗ができる、アウディの“都市型体験施設”だ。このような試みは、アウディにとって日本初であると同時にアジア初でもあるという。

2014年6月にオープンした複合施設「虎ノ門ヒルズ」の向かい側という好立地に位置し、数台の車両が展示されるメインの建物に隣接して、約600平方メートルの試乗スペースがある。

クワトロ体験、ハイエンドモデル試乗とも無料で、予約は同社のインターネットサイト内に設けられた特設サイトで行う。同施設の営業は2015年春までを予定している。

アウディは現在、クワトロ四輪駆動システムの認知向上とその体験を促進するために世界的なキャンペーンを展開しており、その取り組みの一環として当施設をオープンした。

アウディ ジャパンの大喜多 寛代表取締役社長は、「(東京・表参道にある)アウディ フォーラム東京はアウディブランドを具現化していく施設であるの対して、アウディ クワトロパークはより幅広い方々にクルマの楽しさやクワトロの楽しさを体験していただける場にしたい」と語った。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。