ダイハツ・ミラ ココア、仕様変更で燃費も向上

2014.08.26 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ ココア プラスX」
「ダイハツ・ミラ ココア プラスX」

「ダイハツ・ミラ ココア」仕様変更で燃費も向上

ダイハツ工業は、軽乗用車「ミラ ココア」の仕様・装備を変更し、2014年8月26日に発売した。

「ミラ ココアX」
「ミラ ココアX」

「ミラ ココア プラスX」のインストゥルメントパネル(ブラウン)。


    「ミラ ココア プラスX」のインストゥルメントパネル(ブラウン)。
「ミラ ココアX」のシート。
「ミラ ココアX」のシート。

今回の仕様変更では、15色のボディーカラーと9種類の内装色を設定。外装デザインの違いも含め、計160通りのバリエーションから好みの組み合わせが選べるようになった。

そのほか内外装については、LEDを使ったヘッドランプ/クリアランスランプ/イルミネーションランプや、新デザインの自発光3眼メーターとオーディオフェイス、高輝度LEDを用いたルームランプが新たに採用された。

フロントバンパーの意匠も変更(一部グレードを除く)。さらに「ミラ ココア プラスX」には、大型メッキグリルやグレード名の“+”をモチーフにしたハッピークローバーエンブレムなどが与えられ、「2トーンセレクション」は、ホイールキャップ中心部が車体色と同色に。パールホワイト塗装の見切り位置も変更された。

機能面では燃費の向上がトピック。クールドi-EGRやCVTサーモコントローラーの採用により、FF車は29.0km/リッター、4WD車は26.8km/リッター(ともにJC08モード値)を達成した。

フロントアームブッシュの特性変更による乗り心地の改善や、カウル/インストゥルメントパネルへの吸音材追加による静粛性向上、キーフリーシステムと同システム連動のオート格納式カラードドアミラー(一部グレードを除く)、エマージェンシーストップシグナルの採用も、今回のマイナーチェンジにおけるポイントだ。

価格(FF車)は以下の通り。4WD車はそれぞれ14万400円高となる。

・ミラ ココアL:118万8000円
・ミラ ココアX:129万6000円
・ミラ ココアX“スマートセレクションSN”:137万7000円
・ミラ ココア プラスX:140万4000円
・ミラ ココア プラスX“スマートセレクションSN”:148万5000円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る