ダイハツ・ミラ ココア、仕様変更で燃費も向上

2014.08.26 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ ココア プラスX」
「ダイハツ・ミラ ココア プラスX」

「ダイハツ・ミラ ココア」仕様変更で燃費も向上

ダイハツ工業は、軽乗用車「ミラ ココア」の仕様・装備を変更し、2014年8月26日に発売した。

「ミラ ココアX」
「ミラ ココアX」

「ミラ ココア プラスX」のインストゥルメントパネル(ブラウン)。


    「ミラ ココア プラスX」のインストゥルメントパネル(ブラウン)。
「ミラ ココアX」のシート。
「ミラ ココアX」のシート。

今回の仕様変更では、15色のボディーカラーと9種類の内装色を設定。外装デザインの違いも含め、計160通りのバリエーションから好みの組み合わせが選べるようになった。

そのほか内外装については、LEDを使ったヘッドランプ/クリアランスランプ/イルミネーションランプや、新デザインの自発光3眼メーターとオーディオフェイス、高輝度LEDを用いたルームランプが新たに採用された。

フロントバンパーの意匠も変更(一部グレードを除く)。さらに「ミラ ココア プラスX」には、大型メッキグリルやグレード名の“+”をモチーフにしたハッピークローバーエンブレムなどが与えられ、「2トーンセレクション」は、ホイールキャップ中心部が車体色と同色に。パールホワイト塗装の見切り位置も変更された。

機能面では燃費の向上がトピック。クールドi-EGRやCVTサーモコントローラーの採用により、FF車は29.0km/リッター、4WD車は26.8km/リッター(ともにJC08モード値)を達成した。

フロントアームブッシュの特性変更による乗り心地の改善や、カウル/インストゥルメントパネルへの吸音材追加による静粛性向上、キーフリーシステムと同システム連動のオート格納式カラードドアミラー(一部グレードを除く)、エマージェンシーストップシグナルの採用も、今回のマイナーチェンジにおけるポイントだ。

価格(FF車)は以下の通り。4WD車はそれぞれ14万400円高となる。

・ミラ ココアL:118万8000円
・ミラ ココアX:129万6000円
・ミラ ココアX“スマートセレクションSN”:137万7000円
・ミラ ココア プラスX:140万4000円
・ミラ ココア プラスX“スマートセレクションSN”:148万5000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラココアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”(FF/CVT)/ムーヴX“SA”(FF/CVT)【試乗記】 2015.1.9 試乗記 これからの軽ワゴンは「走り」で勝負? 軽市場における王座奪還のため、ダイハツが満を持して投入した新型「ムーヴ」の実力を試した。
ホームへ戻る