ダイハツ・ミラ ココア、仕様変更で燃費も向上

2014.08.26 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ ココア プラスX」
「ダイハツ・ミラ ココア プラスX」

「ダイハツ・ミラ ココア」仕様変更で燃費も向上

ダイハツ工業は、軽乗用車「ミラ ココア」の仕様・装備を変更し、2014年8月26日に発売した。

「ミラ ココアX」
「ミラ ココアX」

「ミラ ココア プラスX」のインストゥルメントパネル(ブラウン)。


    「ミラ ココア プラスX」のインストゥルメントパネル(ブラウン)。
「ミラ ココアX」のシート。
「ミラ ココアX」のシート。

今回の仕様変更では、15色のボディーカラーと9種類の内装色を設定。外装デザインの違いも含め、計160通りのバリエーションから好みの組み合わせが選べるようになった。

そのほか内外装については、LEDを使ったヘッドランプ/クリアランスランプ/イルミネーションランプや、新デザインの自発光3眼メーターとオーディオフェイス、高輝度LEDを用いたルームランプが新たに採用された。

フロントバンパーの意匠も変更(一部グレードを除く)。さらに「ミラ ココア プラスX」には、大型メッキグリルやグレード名の“+”をモチーフにしたハッピークローバーエンブレムなどが与えられ、「2トーンセレクション」は、ホイールキャップ中心部が車体色と同色に。パールホワイト塗装の見切り位置も変更された。

機能面では燃費の向上がトピック。クールドi-EGRやCVTサーモコントローラーの採用により、FF車は29.0km/リッター、4WD車は26.8km/リッター(ともにJC08モード値)を達成した。

フロントアームブッシュの特性変更による乗り心地の改善や、カウル/インストゥルメントパネルへの吸音材追加による静粛性向上、キーフリーシステムと同システム連動のオート格納式カラードドアミラー(一部グレードを除く)、エマージェンシーストップシグナルの採用も、今回のマイナーチェンジにおけるポイントだ。

価格(FF車)は以下の通り。4WD車はそれぞれ14万400円高となる。

・ミラ ココアL:118万8000円
・ミラ ココアX:129万6000円
・ミラ ココアX“スマートセレクションSN”:137万7000円
・ミラ ココア プラスX:140万4000円
・ミラ ココア プラスX“スマートセレクションSN”:148万5000円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る