スバルWRX S4/WRX STI 開発者インタビュー

ディテールのすべてに理由がある 2014.08.28 試乗記 富士重工業
スバル商品企画本部
舟橋 悟(ふなばし さとる)さん

ファンの期待を一身に背負って登場したスバルの新型スポーツセダン「WRX」。開発者に、他のスバル車とのちがいと、こだわりのポイントを聞いた。

「レガシィB4」からの乗り換えをねらう

――舟橋さんも含めて、「WRX」と「レヴォーグ」の両方に関わっているエンジニアの方が多いようですが、WRXとレヴォーグは実際に共通部分が多いのですか?

レヴォーグのもともとの発想は、「A-Line(先代のWRX STIにあったATモデル)」のステーションワゴン版があったら、魅力的なんじゃないか……というもので、企画当初のレヴォーグは社内で“A-Lineワゴン”と呼ばれてたりもしていました。レヴォーグは新しいWRXの「S4」とともに“走りも良くて、スペースユーティリティーもあるクルマ”というコンセプトで一緒に開発しました。

――ということは、S4はやはり、これまでのA-Lineの後継機種というわけですか?

そういう意図も当然あるのですが、それ以上に、今回のS4では従来の「レガシィB4」のターボ車のお客さまを強く意識しました。インテリアの質感なども、レガシィから乗り換えても違和感のないよう仕上げたつもりです。
5代目レガシィは旧型から乗り換えていただけるお客さまが想定よりも少なく、4代目以前に大切に乗り続けていただいている“待機ユーザー”のお客さまが多かったのは事実です。レヴォーグもそうですが、特に今回のS4はそのあたりの掘り起こしをねらいました。

これまでのA-Lineは細かいところではブレンボ社製ブレーキも含めて「見た目はSTIなのに2ペダル」という部分が重要でした。新しいS4はアイサイトを標準装備しています。そのためにリアのキャリパーのEPB(電気式パーキングブレーキ)を電子制御する必要があるんですが、現時点でそれに対応できるブレンボ社のキャリパーはないんです。

試乗会場に並べられた「WRX S4」。動力性能だけでなく、環境性能や安全性能、上質な乗り心地なども重視した、新型のスポーツセダンである。
試乗会場に並べられた「WRX S4」。動力性能だけでなく、環境性能や安全性能、上質な乗り心地なども重視した、新型のスポーツセダンである。
インテリアでは、ダッシュボードの広範囲にソフトパッドを採用。加飾パネルにはカーボン調のデザインを用いている。
インテリアでは、ダッシュボードの広範囲にソフトパッドを採用。加飾パネルにはカーボン調のデザインを用いている。

2003年から2009年に販売された4代目「レガシィ」のセダンモデル「B4」。写真は2リッターターボエンジンとビルシュタイン製ダンパーを備えた「2.0GT spec.B」。


	2003年から2009年に販売された4代目「レガシィ」のセダンモデル「B4」。写真は2リッターターボエンジンとビルシュタイン製ダンパーを備えた「2.0GT spec.B」。

<プロフィール>
1985年、富士重工業に入社。シャシー設計部に配属され、以来19年にわたり「サンバー」「ジャスティ」「インプレッサ」などのブレーキシステムの開発に関わる。2005年に商品企画本部に異動。先代「インプレッサWRX STI」の開発のとりまとめを経て、今回の「WRX」についても高津益夫プロジェクトゼネラルマネージャーのもとで開発のとりまとめを行う。


	<プロフィール>
	1985年、富士重工業に入社。シャシー設計部に配属され、以来19年にわたり「サンバー」「ジャスティ」「インプレッサ」などのブレーキシステムの開発に関わる。2005年に商品企画本部に異動。先代「インプレッサWRX STI」の開発のとりまとめを経て、今回の「WRX」についても高津益夫プロジェクトゼネラルマネージャーのもとで開発のとりまとめを行う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
  • スバルWRX S4 GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.9.8 試乗記 年次改良により、「スバルWRX S4」の上級グレード「GT-S EyeSight」に、「WRX STI」と同じ245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤがオプション設定された。専用チューニングのサスペンションまでおごられたという“245タイヤのS4”に試乗し、その走りの実力を確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • スバルWRX S4(4WD/CVT)/WRX STI(4WD/6MT)【試乗記】 2014.8.26 試乗記 いよいよ登場した新型「スバルWRX」。「インプレッサ」の名を捨て、「S4」「STI」の2モデル態勢でデビューした新しいスバルの旗手を、サーキットで試す。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編)NEW 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る