ユーノス・ロードスターVスペシャル(FR/5MT)/マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)/マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)

「1989年」に生まれて 2014.09.01 試乗記 誕生と同時に、日本はもちろん世界中で称賛をもって迎えられた「マツダ・ロードスター」。4代目の公開が間近に迫った今、あらためて3代25年にわたって受け継がれてきた、このクルマの本質を探る。

単なるバブルの産物ではない

昇り龍(りゅう)のように成長を続ける日本の自動車産業が、バブル景気で得た潤沢な資金も後ろ盾に、いよいよ安かろうというだけでない、普遍の価値をもったクルマを世に提示する――。

1989年が日本車のヴィンテージイヤーといわれるのは、このような流れに沿って、各社申し合わせるでもなく、続々と新しいモデルを投入したからだ。パフォーマンスで世を圧したのは第2世代の「日産スカイラインGT-R」、快適性の価値基準を塗り替えたのは初代「レクサスLS400」=「トヨタ・セルシオ」……と、ことさらこの2台は、現在もおのおののブランドイメージの礎として生き続けている。

そしてもちろん、忘れてはならないもう一台といえばロードスターだ。1989年2月のシカゴモーターショーで姿を現したそれは、多くのクルマ好きから賛辞とともに迎え入れられた。日本で発売開始されたのは同年の9月。その時のメディアの盛り上がりようは「トヨタ86/スバルBRZ」の比ではなかったように思うのは、それがあまりにまぶしすぎる思い出だからだろうか。出た時期が時期だけに、当初は庶民の財布でも賄えるオープンスポーツカーの登場……的な浮かれ風味でも捉えられたわけだが、その年に約3万9000円まで到達した日経平均株価は90年にせきを切ったように崩壊。バブル沈下と共にマツダの経営環境は見る見る悪化し、その元凶となった国内5チャンネル体制もあえなく終了することとなった。図らずも「ユーノス」のロードスターは、その楽しさに気づいた人たちが支え買い求めるという、純粋なスポーツギアとしての本性が浮き立つことになったわけである。

初代「ロードスター」は1989年にユーノスブランドよりデビュー。走りの楽しさに加え、税別170万円からという手頃な価格もあって人気を博した。
初代「ロードスター」は1989年にユーノスブランドよりデビュー。走りの楽しさに加え、税別170万円からという手頃な価格もあって人気を博した。
テスト車はタンカラーの内装色やナルディのウッドステアリングなどが特徴の「Vスペシャル」。デビュー翌年に登場した上級グレードである。
テスト車はタンカラーの内装色やナルディのウッドステアリングなどが特徴の「Vスペシャル」。デビュー翌年に登場した上級グレードである。
初代「ロードスター」の特徴であるリトラクタブルヘッドライト。2代目からは固定式の異形ヘッドライトが採用された。
初代「ロードスター」の特徴であるリトラクタブルヘッドライト。2代目からは固定式の異形ヘッドライトが採用された。

ユーノス・ロードスターVスペシャル/マツダ・ロードスターRS/マツダ・ロードスターRS【試乗記(前編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルNEW 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7NEW 2017.3.30 特集 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る