デビュー30年を記念した特別な「BMW M5」登場

2014.08.27 自動車ニュース
「BMW 30 Jahre M5」
「BMW 30 Jahre M5」

初代のデビューから30年を記念した特別な「BMW M5」登場

BMWジャパンは2014年8月27日、ハイパフォーマンスセダン「BMW M5」の特別限定車「30 Jahre(ドライスィヒ ヤ―レ)M5」の日本導入を発表した。同車は、1984年の初代M5登場から30年を迎えたことを記念した全世界300台限定の特別モデルで、そのうちの11台を販売する。デリバリー開始は2014年11月の予定。

30 Jahre M5の見どころは、BMW M史上最もパワフルなエンジンと、BMW M社が手がけた特別な内外装だ。搭載される高回転型4.4リッターV8ターボエンジンは、通常のBMW M5比で40psアップの最高出力600ps(441kW)/6250rpm、最大トルクも20Nmアップの700Nm(71.4kgm)/1500-6000rpmを発生。0-100km/h加速は3.9秒で、通常モデルから0.4秒短縮している。また、ブレーキシステムの大幅な軽量化を実現するMカーボンセラミック・ブレーキシステムを標準装備とするほか、サスペンションやステアリングにも専用セッティングを施すことで、M5のパフォーマンスを極限まで高めたという。

エクステリアは、マットペイントのBMW Individualフローズンダークシルバーの専用ボディーカラーに加え、専用ブラック塗装仕上げが施された20インチMライトアロイホイールやダーククロム仕上げのキドニーフレーム、サイドギル、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプなどの特別装備でドレスアップ。インテリアも、「30 Jahre M5」の刺しゅうが施されたレザーメリノブラック/アルカンタラアンソラジット・コンビネーションのMマルチファンクションシートや専用アルミニウムトレース・ダークインテリアトリム(「30 Jahre M5」ロゴ付き)、専用アルカンタラアンソラジット仕上げのマルチファンクションMスポーツステアリングホイールなどで、スポーティーな室内空間を演出している。

さらに快適装備についても、バング&オルフセン・ハイエンド・サラウンドサウンドシステムや、BMWコネクテッドドライブプレミアムなどが標準で備わる。

これらを含む30 Jahre M5の主な装備内容は以下の通り。

・ボディーカラー:BMW Individualフローズンダークシルバー
・コンペティションパッケージ(専用サスペンションセッティング/専用ステアリングセッティング/専用Mダイナミックモードセッティング)
・Mライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング601M(20インチ/専用ブラック塗装仕上げ)
(前)9J×20ホイール+265/35ZR20タイヤ/(後ろ)10J×20ホイール+295/30ZR20タイヤ
・Mカーボンセラミック・ブレーキシステム
・ダーククロム仕上げのキドニーフレーム、サイドギル(「30 Jahre M5」のロゴ付き)、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプ
・レザーメリノブラック/アルカンタラアンソラジット・コンビネーションのMマルチファンクションシート(運転席/助手席)
・専用アルミニウムトレース・ダークインテリアトリム(「30 Jahre M5」のロゴ付き)
・アルカンタラアンソラジットのマルチファンクションMスポーツステアリングホイール(シフトパドル、M Driveボタン付き)
・アルカンタラアンソラジットのセンターコンソール
・アルカンタラアンソラジットのドアアームレスト
・専用ドアシル(「30 Jahre M5」のロゴ付き)
・バング&オルフセン・ハイエンド・サラウンドサウンドシステム(1200W、16スピーカー、16チャンネルサラウンド)
・BMWコネクテッドドライブプレミアム

価格は1870万円。右ハンドル仕様、左ハンドル仕様を合わせて11台の限定販売となる。

(webCG)

関連記事
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
ホームへ戻る