デビュー30年を記念した特別な「BMW M5」登場

2014.08.27 自動車ニュース
「BMW 30 Jahre M5」
「BMW 30 Jahre M5」 拡大

初代のデビューから30年を記念した特別な「BMW M5」登場

BMWジャパンは2014年8月27日、ハイパフォーマンスセダン「BMW M5」の特別限定車「30 Jahre(ドライスィヒ ヤ―レ)M5」の日本導入を発表した。同車は、1984年の初代M5登場から30年を迎えたことを記念した全世界300台限定の特別モデルで、そのうちの11台を販売する。デリバリー開始は2014年11月の予定。

30 Jahre M5の見どころは、BMW M史上最もパワフルなエンジンと、BMW M社が手がけた特別な内外装だ。搭載される高回転型4.4リッターV8ターボエンジンは、通常のBMW M5比で40psアップの最高出力600ps(441kW)/6250rpm、最大トルクも20Nmアップの700Nm(71.4kgm)/1500-6000rpmを発生。0-100km/h加速は3.9秒で、通常モデルから0.4秒短縮している。また、ブレーキシステムの大幅な軽量化を実現するMカーボンセラミック・ブレーキシステムを標準装備とするほか、サスペンションやステアリングにも専用セッティングを施すことで、M5のパフォーマンスを極限まで高めたという。

エクステリアは、マットペイントのBMW Individualフローズンダークシルバーの専用ボディーカラーに加え、専用ブラック塗装仕上げが施された20インチMライトアロイホイールやダーククロム仕上げのキドニーフレーム、サイドギル、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプなどの特別装備でドレスアップ。インテリアも、「30 Jahre M5」の刺しゅうが施されたレザーメリノブラック/アルカンタラアンソラジット・コンビネーションのMマルチファンクションシートや専用アルミニウムトレース・ダークインテリアトリム(「30 Jahre M5」ロゴ付き)、専用アルカンタラアンソラジット仕上げのマルチファンクションMスポーツステアリングホイールなどで、スポーティーな室内空間を演出している。

さらに快適装備についても、バング&オルフセン・ハイエンド・サラウンドサウンドシステムや、BMWコネクテッドドライブプレミアムなどが標準で備わる。

これらを含む30 Jahre M5の主な装備内容は以下の通り。

・ボディーカラー:BMW Individualフローズンダークシルバー
・コンペティションパッケージ(専用サスペンションセッティング/専用ステアリングセッティング/専用Mダイナミックモードセッティング)
・Mライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング601M(20インチ/専用ブラック塗装仕上げ)
(前)9J×20ホイール+265/35ZR20タイヤ/(後ろ)10J×20ホイール+295/30ZR20タイヤ
・Mカーボンセラミック・ブレーキシステム
・ダーククロム仕上げのキドニーフレーム、サイドギル(「30 Jahre M5」のロゴ付き)、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプ
・レザーメリノブラック/アルカンタラアンソラジット・コンビネーションのMマルチファンクションシート(運転席/助手席)
・専用アルミニウムトレース・ダークインテリアトリム(「30 Jahre M5」のロゴ付き)
・アルカンタラアンソラジットのマルチファンクションMスポーツステアリングホイール(シフトパドル、M Driveボタン付き)
・アルカンタラアンソラジットのセンターコンソール
・アルカンタラアンソラジットのドアアームレスト
・専用ドアシル(「30 Jahre M5」のロゴ付き)
・バング&オルフセン・ハイエンド・サラウンドサウンドシステム(1200W、16スピーカー、16チャンネルサラウンド)
・BMWコネクテッドドライブプレミアム

価格は1870万円。右ハンドル仕様、左ハンドル仕様を合わせて11台の限定販売となる。

(webCG)

関連キーワード:
M5セダンBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • ドゥカティ・スクランブラー シックスティー2(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.14 試乗記 トラッカースタイルが人気を博す「ドゥカティ・スクランブラー」のなかでも、最もコンパクトなエンジンを搭載した「シックスティー2」。シンプルさが身上のエントリーモデルは、「普通二輪免許で乗れる」という以外にも選ぶべき理由のある一台に仕上がっていた。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
ホームへ戻る