ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)

驚くほど硬派 2014.09.04 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。

遅れて出てきた“ごちそう”

「ユーノス・ロードスター」に「MGF」、さらには初代の「ポルシェ・ボクスター」……そんなオープンモデルたちを所有してきた過去があるからか、自分は「屋根開きグルマが好きなやつ」と思われているフシがある。

もちろん、オープンエアモータリングがもたらす何物にも代え難い魅力は、人一倍理解しているつもり。一本道を森の中へと入った瞬間に、体を取り巻く空気の温度がスッと下がる独特の感覚や、住宅街に差し掛かった際“家庭の献立”が嗅覚を刺激する体験などは、オープンモデルならではのものだ。そう、こうしたモデルが味わわせてくれる魅力とは、「風を切って走る爽快さ」ばかりではないのだ。

……と持ち上げておいてなんだが、冒頭紹介したモデルを所有していた当時でも、実は、ルーフを開いて走る機会は多くはなかった。
四季がハッキリしていて夏は高温多湿な日本では、オープンに適した時期というのは、一年の中でもホンの半月ほど。そんなタイミングで“オープンに適した場所”へと出掛ける機会は、当然さらに限定されてしまう。

「オープンモデルに乗るならば、常に屋根は開くべき」。そんな主義主張の人もいるようだ。が、個人的には、それが真に快適であるシーンでのみ、ルーフを開け放つというぜいたくを味わいたい。
さらに白状すれば、実はオープンモデルであることを理由にクルマ選びをしたことは、これまで一度もなかった。そう、かつて自分が所有した前述モデルたちは、「そんなオープンタイプしか選択肢がなかったから」という理由から選んだものだったのだ。

ボディーの剛性面でも、重量面でも、そして乗り味の質においても、ルーフ部分をカットすれば、そのためにハンディキャップが生まれるのは自明のことだ。それゆえ、「50年ぶりのピュアスポーツ・ジャガー」を標榜(ひょうぼう)するFタイプについても、個人的により“ごちそう”に見えたのは、遅れて登場したクーペバージョンの方だった。
それが、すでに鮮烈な走りをたっぷり味わわせてくれた「Fタイプ コンバーチブル」をベースに、「より速く、より強靱(きょうじん)に、よりシャープに」とアピールされるとなれば、それだけで胸が高鳴るというものだ。

 
ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 の画像
「Fタイプ クーペ」の運転席まわり。計器類の視認性に配慮し、ステアリングホイールの中心部分は下方にオフセットされている。
「Fタイプ クーペ」の運転席まわり。計器類の視認性に配慮し、ステアリングホイールの中心部分は下方にオフセットされている。
ルーフは畳めないものの、「Fタイプ クーペ」には大型のサンルーフが用意される。価格は13万4000円。
ルーフは畳めないものの、「Fタイプ クーペ」には大型のサンルーフが用意される。価格は13万4000円。

オープンバージョン「Fタイプ コンバーチブル」(写真左)とのツーショット。クローズドボディーの「Fタイプ クーペ」(同右)は、1年遅れてデビューした。(写真=ジャガー・ランドローバー)


	オープンバージョン「Fタイプ コンバーチブル」(写真左)とのツーショット。クローズドボディーの「Fタイプ クーペ」(同右)は、1年遅れてデビューした。(写真=ジャガー・ランドローバー)
今回テストしたのは、V6エンジンを搭載するベーシックモデル「Fタイプ クーペ」。このほか、より出力の高いV6モデル「Fタイプ S クーペ」と、V8のハイパフォーマンスモデル「Fタイプ R クーペ」がラインナップされる。
今回テストしたのは、V6エンジンを搭載するベーシックモデル「Fタイプ クーペ」。このほか、より出力の高いV6モデル「Fタイプ S クーペ」と、V8のハイパフォーマンスモデル「Fタイプ R クーペ」がラインナップされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る