ボルボV60 T4 R-DESIGNプラス(FF/6AT)/S60ラグジュアリー エディション(FF/6AT)

乗ったらナットク 2014.09.03 試乗記 ボルボの中核モデル「V60」「S60」に、2タイプの特別仕様車が登場。装備充実の両モデルを走らせ、クルマとしての実力を確かめた。

“リファイン版”の“おトクな仕様”

ミドルサイズ・ボルボ、60シリーズに登場した2種類の特別仕様車に乗った。
最初に試したのは、S60/V60に設定される「ラグジュアリー エディション」。ボルボお得意の安全装備や電動レザーシートなど、約50万円相当のオプションが付いて、標準車より20万円ほど安い。特別仕様っていうより、ズバリ“お値引き”でしょ!? という気もするが、試乗したS60だと399万円。この価格でこんな充実装備を持つモデルは、なるほど「Cクラス」や「3シリーズ」や「A4」にはない。

おさらいすると、現行S60の登場は2010年。2013年夏に変更点4000カ所以上というビッグマイナーチェンジを受けて現在に至る。
だが、あいにく筆者は数年前の“出たて”のS60しか経験がなかった。そのため、細かすぎて伝わりにくい特別仕様よりもまず、ビッグマイナー以降の最新S60が持つ洗練度の高さに感銘を覚えた。カタログ上のスペックは変わっていないが、直噴1.6リッターターボはいっそう静かでスムーズになったし、足まわりも、乗り心地が明らかに滑らかになった。

ボルボといえばワゴン、と、古い人間は考えがちだが、地味な印象のS60もV60の半分近くは売れている。2013年の実績で言うと、3246台対1515台である。セダンも健闘しているのである。

テールゲートの利便性はもちろんワゴンの独壇場だが、S60も後席背もたれを全幅にわたって前倒しすることが可能で、“貫通トランク”になる。こうすると、荷室の奥行きも150cmに広がって、ワゴンに肉薄する。そんな点でもS60は健闘しているのである。

「S60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「S60 T4 SE」に、安全装備のパッケージオプションや本革シートなどを加えた特別仕様車。2014年5月に発売された。


    「S60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「S60 T4 SE」に、安全装備のパッケージオプションや本革シートなどを加えた特別仕様車。2014年5月に発売された。
「ラグジュアリー エディション」の目玉となる本革シート。ボディーカラーに合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのシート地が用意される。
「ラグジュアリー エディション」の目玉となる本革シート。ボディーカラーに合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのシート地が用意される。
「S60」のトランクルームには、荷物を固定する“仕切り”や長尺物用のスキーホールが備わる。後席の背もたれを倒し、容量を拡大することもできる。(写真をクリックすると空間のアレンジが見られます)
「S60」のトランクルームには、荷物を固定する“仕切り”や長尺物用のスキーホールが備わる。後席の背もたれを倒し、容量を拡大することもできる。(写真をクリックすると空間のアレンジが見られます)
後席のロック解除は、トランクルーム上部のレバーを引くことで行う。
後席のロック解除は、トランクルーム上部のレバーを引くことで行う。

ボルボV60 T4 R-DESIGNプラス(FF/6AT)/S60ラグジュアリー エディション(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る