ボルボV60 T4 R-DESIGNプラス(FF/6AT)/S60ラグジュアリー エディション(FF/6AT)

乗ったらナットク 2014.09.03 試乗記 ボルボの中核モデル「V60」「S60」に、2タイプの特別仕様車が登場。装備充実の両モデルを走らせ、クルマとしての実力を確かめた。

“リファイン版”の“おトクな仕様”

ミドルサイズ・ボルボ、60シリーズに登場した2種類の特別仕様車に乗った。
最初に試したのは、S60/V60に設定される「ラグジュアリー エディション」。ボルボお得意の安全装備や電動レザーシートなど、約50万円相当のオプションが付いて、標準車より20万円ほど安い。特別仕様っていうより、ズバリ“お値引き”でしょ!? という気もするが、試乗したS60だと399万円。この価格でこんな充実装備を持つモデルは、なるほど「Cクラス」や「3シリーズ」や「A4」にはない。

おさらいすると、現行S60の登場は2010年。2013年夏に変更点4000カ所以上というビッグマイナーチェンジを受けて現在に至る。
だが、あいにく筆者は数年前の“出たて”のS60しか経験がなかった。そのため、細かすぎて伝わりにくい特別仕様よりもまず、ビッグマイナー以降の最新S60が持つ洗練度の高さに感銘を覚えた。カタログ上のスペックは変わっていないが、直噴1.6リッターターボはいっそう静かでスムーズになったし、足まわりも、乗り心地が明らかに滑らかになった。

ボルボといえばワゴン、と、古い人間は考えがちだが、地味な印象のS60もV60の半分近くは売れている。2013年の実績で言うと、3246台対1515台である。セダンも健闘しているのである。

テールゲートの利便性はもちろんワゴンの独壇場だが、S60も後席背もたれを全幅にわたって前倒しすることが可能で、“貫通トランク”になる。こうすると、荷室の奥行きも150cmに広がって、ワゴンに肉薄する。そんな点でもS60は健闘しているのである。

「S60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「S60 T4 SE」に、安全装備のパッケージオプションや本革シートなどを加えた特別仕様車。2014年5月に発売された。


    「S60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「S60 T4 SE」に、安全装備のパッケージオプションや本革シートなどを加えた特別仕様車。2014年5月に発売された。
「ラグジュアリー エディション」の目玉となる本革シート。ボディーカラーに合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのシート地が用意される。
「ラグジュアリー エディション」の目玉となる本革シート。ボディーカラーに合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのシート地が用意される。
「S60」のトランクルームには、荷物を固定する“仕切り”や長尺物用のスキーホールが備わる。後席の背もたれを倒し、容量を拡大することもできる。(写真をクリックすると空間のアレンジが見られます)
「S60」のトランクルームには、荷物を固定する“仕切り”や長尺物用のスキーホールが備わる。後席の背もたれを倒し、容量を拡大することもできる。(写真をクリックすると空間のアレンジが見られます)
後席のロック解除は、トランクルーム上部のレバーを引くことで行う。
後席のロック解除は、トランクルーム上部のレバーを引くことで行う。

ボルボV60 T4 R-DESIGNプラス(FF/6AT)/S60ラグジュアリー エディション(FF/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る