ダイハツD-X:「ミニマリズム」にたけた日本の佳作

【コレはゼッタイ!】ダイハツD-X:「ミニマリズム」にたけた日本の佳作

次期「コペン」ともうわさされるダイハツのコンセプトカー「D-X(ディークロス)」。お台場の東京ビッグサイトで実車を見る時は、ぜひここに注目してほしい。

 
ダイハツD-X:「ミニマリズム」にたけた日本の佳作
 
ダイハツD-X:「ミニマリズム」にたけた日本の佳作

■2気筒ターボエンジンにも注目!

こういうモデルは実に日本的であると思う。ショーカーとはいえ、現実に近い要素が盛りだくさんなのである。

組み立て工程を考えた、ボディーパネルの取り付けと見切り。コストを抑えた素材の選択も現実的だ。世界の自動車メーカーに胸を張ることができる、現代に必要なスポーティーでナローボディーのパッケージングである。エクストリームな造形が好きな日本人ならではの、ブラックアウトした超オーバーフェンダーは、ずんぐりとしたボディーを引き締めている。いかにも小型が得意なメーカーらしく、手なれたものだ。

写真では分かりづらいが、軽自動車サイズでこれほど塊感があるスタイルも、「ミニマリズム」にたけた日本ならではだ。エンジンもよろしい。2気筒のユニットはフィアットではおなじみだが、ダイハツは効率を狙った「エンジンレシオ」で造り上げているのが特徴だ。2気筒ターボユニットは、これからの時代、主流になっていく可能性がある。見ておいて損はない。

(文=松本英雄/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。