BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)

絶妙の変化球 2014.09.09 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。

キモは直列6気筒

まったくの私事だが、先日、生まれて初めてBMWを買った。6年落ち6万4000kmの「335iカブリオレ」、乗り出し280万円。アプルーブドカーでこの値段は掘り出し物じゃないか。しかも納車当日に6段AT(トルコン)がブチ壊れ――いや最初から故障していたらしく、ミッションを新品に交換してくれた。最高です。

フェラーリをはじめとするイタリア車やフランス車、プラス国産車を愛用してきた私としては、ドイツ車は生活から遠い存在だったが、BMW車は、いつか欲しいと思っていた。買うならもちろんストレート6だ。中でも3リッター直噴ターボユニットは、登場当初から狙っていた。

初めて「335iクーペ」で箱根を走った時の感動は忘れない。それは私にとって、大排気量直噴ガソリンターボ初体験であり、「400馬力はある!」と確信した異次元体験だった。実際には306馬力だが、トルクが40.8kgm(400Nm)あるので、私の直感は正しかったと言える。
あの衝撃の登場から8年、ようやく値もこなれ、ついにゲットしました。果報は寝て待てですね。しかもぜいたくなメタルトップのカブリオレ。わが足グルマ史上最高のセレブ感です。

ところが新型「3シリーズ」には、当初ストレート6が設定されなかった。BMWは将来的には効率を優先して古き良き伝統を捨ててしまうのかと若干危惧したが、そうではなかった。その後この傑作・直列6気筒3リッター直噴ターボエンジンは、「3シリーズ グランツーリスモ」や「4シリーズ」「2シリーズ」などに続々と搭載され、BMWストレート6は死なず! を印象付けている。おめでたいじゃないか。

一方でBMWのラインナップは、わけがわからなくなるほど増殖中だ。「グランツーリズモ」系は当初から今ひとつピンと来ず、「グランクーペ」系も、かつて日本で流行(はや)った背の低い4ドア車、「カリーナED」や「コロナEXIV」などの負の遺産を思い起こさせ、どこか中途半端という先入観がつきまとう。セダンならセダン! クーペならクーペ! と、男らしく攻めてくれるのがBMWじゃないのか。そう言いつつ、自分も男らしいほろを避け、メタルトップのカブリオレを買いましたが。

「クーペのスタイリングと4ドアセダンの機能性を融合させた」という「4シリーズ グランクーペ」。日本では2014年6月に発売された。
「435iグランクーペ」には、「4シリーズ グランクーペ」最強となる3リッター直6ターボエンジンが搭載される。アウトプットは306psと40.8kgm。JC08モードの燃費値は、12.7km/リッターを記録する。
運転席まわりの様子。インテリアカラーとシートカラーの組み合わせは、テスト車のブラック×アイボリーホワイトを含め、計4タイプから選べる。
電動調節式のサイドサポートを持つ、「435iグランクーペ」のスポーツシート。表皮には、高級なダコタレザーがおごられる。
「4シリーズ グランクーペ」には、スタンダードモデルに加えて、デザインテーマに合わせたドレスアップが施されたグレード“ラグジュアリー”と“Mスポーツ”が用意される。今回のテスト車は後者で、高級かつスポーティーな内外装が特徴となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ グランクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る