「マツダ・フレア」の燃費が32.4km/リッターに

2014.08.29 自動車ニュース
「マツダ・フレアHS」
「マツダ・フレアHS」 拡大

「マツダ・フレア」の燃費が32.4km/リッターに

マツダは2014年8月28日、軽乗用車「フレア」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「フレアHS」
「フレアHS」 拡大
「フレアHS」
「フレアHS」 拡大
「フレア カスタムスタイルXT」
「フレア カスタムスタイルXT」 拡大
「フレア カスタムスタイルXT」
「フレア カスタムスタイルXT」 拡大

フレアは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売している軽トールワゴンであり、「スズキ・ワゴンR」の姉妹モデルにあたる。

今回のマイナーチェンジは、同年8月25日にワゴンRに施された改良に準じたもので、ISG(モーター機能付き発電機)とリチウムイオンバッテリーを用いたモーターアシスト機能「S-エネチャージ」の採用などにより、燃費を最高で32.4km/リッター(JC08モード)に改善した。

また、内外装のデザインも変更しており、専用のフロントバンパーやフロントグリル、LEDイルミネーションなどでS-エネチャージ搭載グレードと他のグレードの差別化をはかっている。

装備については、「レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)」を「HS」「カスタムスタイルHS」「カスタムスタイルXT」に標準装備、「XG」のCVT車にオプション設定。また運転席シートヒーターを全車に、助手席シートヒーターを4WD車(5MT仕様を除く)に標準装備したほか、カスタムスタイルXTにはクルーズコントロールシステムを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

・XG(FF/5MT):115万5600円
・XG(FF/CVT):116万6400円
・XG(4WD/5MT):127万3320円
・XG(4WD/CVT):128万7360円
・HS(FF/CVT):137万2680円
・HS(4WD/CVT):149万3640円
・カスタムスタイルHS(FF/CVT):146万1240円
・カスタムスタイルHS(4WD/CVT):158万2200円
・カスタムスタイルXT(FF/CVT):161万6760円
・カスタムスタイルXT(4WD/CVT):173万7720円

なお、これらのうち、S-エネチャージが搭載されるのは、HSとカスタムスタイルHSの2グレードとなる。

(webCG)
 

関連キーワード:
フレアフレア カスタムスタイルマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが軽乗用車「フレアワゴン」をフルモデルチェンジ 2017.12.22 自動車ニュース マツダは2017年12月22日、「フレアワゴン/フレアワゴン カスタムスタイル」を全面改良し、2018年2月8日に発売すると発表した。スズキからOEM供給を受けて販売する軽乗用車であり、「スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム」の姉妹モデルにあたる。
  • 新世代の“働くクルマ”、「ホンダN-VAN」がデビュー 2018.7.12 自動車ニュース 本田技研工業は2018年7月12日、新型商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。同車はホンダの軽自動車「Nシリーズ」の5車種目となる新型車であり、シリーズ初の商用車である。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • Nissan GT-R50 by Italdesign 2018.6.29 画像・写真 日産とイタルデザインが初の共同開発モデルとなるプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開。日産のGT-Rシリーズとイタルデザインの誕生50周年を記念したもので、独自のデザインだけでなく、高められた動力性能も特徴となっている。
ホームへ戻る