アルピナD3ビターボ(FR/8AT)

怒涛のトルクはクセになる 2014.09.10 試乗記 圧倒的な速さと、傑出した快適さ。そしてそれらの調和の妙こそが、アルピナのアルピナたるゆえんだ。71.4kgm(700Nm)の最大トルクを誇るスーパーディーゼル「D3ビターボ」の走りやいかに? 高速道路とワインディングロードでその実力を試した。

ディーゼルの失われた10年

「今じゃアウトバーンの追い越し車線を走る車の大半がディーゼル車だよ」と言い始めてもう10年にもなるだろうか。最近になってようやくその言葉を信じてもらえるようになったと感じている。私の経験ではクルマに興味がない人よりも、クルマ好きを自認する人のほうがむしろ頭が固いというか、自らの経験からいったん取り込んだ認識を改めにくい傾向があったように思う。いやあ、そうは言ってもしょせんディーゼルでしょ? 長距離走る人が経済性第一で選んでるんでしょ? というのが大方の反応だった。いやいや、最新のディーゼルターボエンジンはまったく次元が違うんですよ、と力説しても、だって日本では売っていないんだからしょうがないでしょ、と一蹴されておしまい。わが身の至らなさを脇に置いて、確かに実物がないと説得力ないよなあ、と嘆いたものだった。

ところが今では事情が違う。風向きが大きく変わったのはもちろんマツダと積極的にディーゼル車のラインナップを拡充しているBMWのおかげであることは間違いない。しかも4気筒ターボであんなにパワフルなんだから6気筒はもっとすごいんだ、という説明がしやすくなった。やはり百聞は一見にしかず、である。マツダ以外の日本勢も最新の乗用車用クリーンディーゼルを躍起になって開発しているようだが、これまでの遅れを取り戻すのは容易ではないはずだ。昨年のフランクフルトショーで発表されたアルピナの最新ディーゼルセダン、「D3ビターボ」に乗ってつくづくそう感じた。このような圧倒的に高性能かつ上質なディーゼルセダンが、近い将来日本からも生まれるのだろうか。

ワールドプレミアは2013年9月のフランクフルトショー。日本では同年11月の東京ショーで初公開された。
ワールドプレミアは2013年9月のフランクフルトショー。日本では同年11月の東京ショーで初公開された。
インテリアでは、アルピナのトレードマークともいえる、明るいエルム(ニレ材)のウッドトリムが目を引く。
インテリアでは、アルピナのトレードマークともいえる、明るいエルム(ニレ材)のウッドトリムが目を引く。
センターパネルに装着されるアルピナのプロダクションプレート。試乗車には「005」と打刻されていた。
センターパネルに装着されるアルピナのプロダクションプレート。試乗車には「005」と打刻されていた。
試乗車のボディーカラーはアルピナブルー。「デコセット」と呼ばれるボディーサイドのデコレーションラインはシルバー。
試乗車のボディーカラーはアルピナブルー。「デコセット」と呼ばれるボディーサイドのデコレーションラインはシルバー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
ホームへ戻る