PETRONAS TOM'S RC Fが鈴鹿1000kmで勝利【SUPER GT 2014】

2014.09.01 自動車ニュース
毎年恒例の鈴鹿での長距離レースを制した、No.36 PETRONAS TOM'S RC F。
毎年恒例の鈴鹿での長距離レースを制した、No.36 PETRONAS TOM'S RC F。
    拡大

【SUPER GT 2014】PETRONAS TOM'S RC Fが鈴鹿1000kmを制す

2014年8月31日、SUPER GTの第6戦が鈴鹿サーキットで開催され、GT500クラスはNo.36 PETRONAS TOM'S RC F(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)が、GT300クラスはNo.60 TWS LM Corsa BMW Z4(飯田 章/吉本大樹/佐藤晋也組)が勝利を手にした。

GT500クラスのスタートシーン。およそ5時間半におよぶレースの始まりだ。
GT500クラスのスタートシーン。およそ5時間半におよぶレースの始まりだ。
    拡大
No.18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT。ほかのNSX勢が脱落するなか最終的に3位表彰台を獲得した。
No.18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT。ほかのNSX勢が脱落するなか最終的に3位表彰台を獲得した。
    拡大
GT300クラスは、No.55 ARTA CR-Z GT(写真右端)を先頭にスタート。
GT300クラスは、No.55 ARTA CR-Z GT(写真右端)を先頭にスタート。
    拡大

■トラブル多発の長丁場

SUPER GT第6戦として開催されたのは、伝統の耐久レース“鈴鹿1000km”。通常のシリーズ戦の、3倍以上の距離を走破するため、例年たくさんのアクシデントやトラブルが発生するが、裏を返せば、そうした不運に見舞われることなく、平穏無事に1000kmを走りきったチームが栄冠を手に入れられるともいえる。今年は、まさにそんなレースになった。

例えば、レース序盤から首位争いを演じていたNo.17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT(金石年弘/塚越広大組)は、ペースが速いだけでなく燃費も良好で、理想とされる4ストップ/5スティントのレース戦略にのっとって今季初優勝を果たすと目されていた。
ところが、レース折り返し目前の88周目に、高速コーナーの130Rでエース格の塚越広大がコースアウト。これでボディー後部に大きなダメージを負い、リタイアに追い込まれた。チームメイトの金石年弘のペースが上がらなかったため、これを取り戻そうとして力走していたのだろうが、速いうえにシュアなドライビングで知られる塚越らしからぬ、痛恨のミスだった。

同じホンダ勢でいえば、No.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(小暮卓史/武藤英紀組)もマシンの仕上がりが好調で、No.17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTに続く好成績が期待されていたものの、オープニングラップにNo.1 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/平手晃平組)に追突されてスピン。これで周回遅れとなった。それでも最終的に6位でフィニッシュしたのだから、「もしもあのアクシデントがなければ……」と想像を巡らさずにはいられなかった。

決してペースは速くなかったものの、着実に周回を重ねて96周目に3番手まで浮上したNo.39 DENSO KOBELCO SARD RC F(石浦宏明/オリバー・ジャービス組)は、146周目に行った最後のピットストップでホイールナットが完全に締まっていなかったらしく、走行中に左リアタイヤが外れて万事休す。ぼうぜんと立ち尽くす石浦の様子が強く心に残った。

No.23 MOTUL AUTECH GT-R。惜しくも2位フィニッシュとなったが、タイトル争いのランキングは今回でトップに。
No.23 MOTUL AUTECH GT-R。惜しくも2位フィニッシュとなったが、タイトル争いのランキングは今回でトップに。
    拡大
GT500クラス表彰式の様子。中央のNo.36 PETRONAS TOM'S RC F(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)は、今シーズン初勝利。
GT500クラス表彰式の様子。中央のNo.36 PETRONAS TOM'S RC F(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)は、今シーズン初勝利。
    拡大
GT300クラスを制したNo.60 TWS LM Corsa BMW Z4。BMWの“セミワークスチーム”No.7 Studie BMW Z4は3位でレースを終えた。
GT300クラスを制したNo.60 TWS LM Corsa BMW Z4。BMWの“セミワークスチーム”No.7 Studie BMW Z4は3位でレースを終えた。
    拡大
鈴鹿戦恒例の花火が、長い戦いをしめくくる。
鈴鹿戦恒例の花火が、長い戦いをしめくくる。
    拡大

■「結末の見えないレース」から一転

彼らに比べれば、No.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)とNo.36 PETRONAS TOM'S RC F(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)は、極めて順調に1000km、173周を走りきったといえる。

もっとも、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rは定石の4ストップ、No.36 PETRONAS TOM'S RC Fは奇策ともいうべき5ストップを選択。しかもNo.36 PETRONAS TOM'S RC Fは、レースの折り返しまでに2番手に30秒以上のアドバンテージを築くほど速かったので、最後の最後まで勝負の行方は見えないかに思われた。
だが、116周目にNo.36 PETRONAS TOM'S RC Fが4回目のピットストップを行った際、ロシターの執拗(しつよう)なブロックに阻まれてNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田は首位に立つことができず、これが尾を引く形でNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは敗退。No.36 PETRONAS TOM'S RC Fが栄冠を手中に収めた。2位はNo.23 MOTUL AUTECH GT-R、3位にはNo.18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ組)が滑り込んだ。

とはいえ、タイトル争いの観点からいえば、No.36 PETRONAS TOM'S RC FはNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rの敵ではない。だから、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rはあえて無理をすることなく、No.36 PETRONAS TOM'S RC Fを先行させたとみることもできる。この結果、松田とクインタレッリは首尾よくポイントテーブルのトップに浮上してシーズンの残り2戦に臨むこととなった。

いっぽう、2台のCR-Z GTがフロントローを独占したGT300クラスは、そのCR-Z GTがそろって「コーナリング中にペースが鈍る」というトラブルに見舞われてしまい、6番グリッドからスタートしたNo.60 TWS LM Corsa BMW Z4(飯田 章/吉本大樹/佐藤晋也組)が初勝利。No.31 OGT Panasonic apr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀/中山雄一組)が2位、No.7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー/荒 聖治/アウグスト・ファルフス組)が3位という結果に終わった。

次戦は10月4日(土)、5日(日)に、初開催となるタイのブリーラム ユナイテッド インターナショナル サーキットで行われる。

(文=小林祐介/写真提供 GTA)

関連キーワード:
SUPER GT 2014モータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事