マセラティ・ギブリ(FR/8AT)

成長戦略の切り札 2014.09.10 試乗記 年間販売台数5万台を目指すマセラティが量販モデルとして期待を寄せる「ギブリ」の実力を検証。ライバルのドイツ勢に対するアドバンテージを探った。

「年間5万台」の中核を担う

すでにいろんなところで報じられていることだが、マセラティは、2015年までに年間販売台数を5万台にまで引き上げることを目標に掲げている。2015年とは、いうまでもなく、来年のことだ。
ちなみに、マセラティがフィアット傘下になったのが1993年、経営権がフェラーリに託されたのが1997年のことだ。当時(1998年)のマセラティの年間販売はわずか500台強である。
さらに2005年、マセラティの経営がフェラーリから切り離されてフィアット直轄となり、モダンマセラティの土台となった先代「クアトロポルテ」の販売が本格化した。その時点でマセラティの年間販売は98年の10倍以上となる5659台まで急成長した。
しかし、今度の目標は5万台。フェラーリ経営権下当時のじつに約100倍(!)、2005年から考えても「10年で10倍!」という野心的な目標だ。その「年間5万台」の立役者の一台となることが期待されているのが、昨年秋に発表されたギブリである。

ギブリの基本的な成り立ちは、ご承知のように、フラッグシップセダンであるクアトロポルテのショート版……というべきものだ。ホイールベースと全長こそクアトロポルテより短いが、全幅(ギブリ:1945mm、クアトロポルテ:1950mm)や、その他の基本構成はクアトロポルテとほぼ共通である。
クアトロポルテがメルセデス・ベンツの「Sクラス」やBMWの「7シリーズ」にガチンコ対抗する量産ハイエンドサルーンと考えると、ギブリをドイツ勢のラインナップに照らせば、セダンの中間モデルである「Eクラス」や「5シリーズ」に相当することになる。
ただ、先行上陸していた「ギブリS」と「ギブリS Q4」は、搭載するV6ツインターボの出力/トルクは410ps/56.1kgmにも達して、価格は1000万円前後。Eや5とガチンコ比較するには、性能も価格もちょっと高すぎるきらいがあったことは否定しない。

マセラティが2013年に発表したEセグメントセダン「ギブリ」。今回は、最高出力330psの3リッターV6エンジンを搭載したベースグレードに試乗した。
マセラティが2013年に発表したEセグメントセダン「ギブリ」。今回は、最高出力330psの3リッターV6エンジンを搭載したベースグレードに試乗した。
黒と赤でコーディネートされたテスト車のインテリア。「ギブリ」ではダッシュボードやシート、ルーフライニング、トリムと、各所にさまざまな色の素材が用意されている。
黒と赤でコーディネートされたテスト車のインテリア。「ギブリ」ではダッシュボードやシート、ルーフライニング、トリムと、各所にさまざまな色の素材が用意されている。
ダッシュボードの中央に装備された、アルミのリムと青い文字盤が特徴の「マセラティ デザイン クロック」。
ダッシュボードの中央に装備された、アルミのリムと青い文字盤が特徴の「マセラティ デザイン クロック」。

マセラティ・ギブリ(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る