第18回:もしやニッポンハイブリッド化の反動?
「ランクル70」国内復活が超喜ばしいワケ!

2014.09.03 エッセイ

ヤツが帰ってきただって!?

久々に文句ナシの朗報! だけどある意味灯台もと暗し……みたいな部分もありましたね。実はずっと手元にあったという意味で。そ、予期せぬ“日本自動車界のお宝”こと「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」通称ランクル70系の国内復活であーる。

既に報道されまくりでご存じの人も多いと思うが、先週8月25日にお台場メガウェブで「ランドクルーザーモーターショー2014」が催され、歴代ランクルが「トヨタ・ジープBJ」から20系、40系と陳列されるなかで、これまた30年前に生まれた70系が国内で10年ぶりに販売されることが発表されたのだ。台数限定ではなく約1年間限定ってのが面白いが(厳密には2015年6月30日生産分まで)、それ以上に「一体なんでまた30年前のクルマをいまさら再生産?」って思ったアナタ、正確にはこれ、復活でもなんでもない。

1984年、まさに今からちょうど30年前に生まれた見るからに武骨な70系は、その出来が優秀なあまり、今も生産量の半分以上が売れる中近東を中心に、オーストラリアやアフリカ向けに月約6000台(!!)もコンスタントに作り続けられているという。例の「メルセデス・ベンツGクラス」こと「ゲレンデヴァーゲン」も1979年の誕生以来、手を替え品を替えアップデートされ、今もオーストリアで作られている。それに勝るとも劣らぬ“走るシーラカンス”というか、名車が日本にもあったわけである。

しかもいまだに初期と変わらず、トヨタグループの国内工場でほぼ100%作られるという純国産! つまり門外不出の、日本のクルマ作りの匠の技が受け継がれているという面でも、70系には唯一無二の価値があるわけだ。

ただ、日本では例のNOx規制の時に販売が中止されてしまい、以来、今まで海外でのみ販売されてきた。それがここにきてその価値が認められたというか、再販の機運が盛り上がり、別に再生産ではなく、国内で作られていたものを現地で販売するというある意味ごく当たり前のことが行われることになったのだ。

10年ぶりに日本で復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。今日も世界各地で活躍している、本格クロスカントリーモデルである。
10年ぶりに日本で復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。今日も世界各地で活躍している、本格クロスカントリーモデルである。
会場に置かれたコンテナの中から登場する「ランクル70」に、一斉にカメラを向ける来場者たち。
会場に置かれたコンテナの中から登場する「ランクル70」に、一斉にカメラを向ける来場者たち。
ランクル伝説始まりの一台である「トヨタ・ジープBJ」。もとは警察予備隊(今の自衛隊)の要請を受けて開発された4WDの試作車であり、1953年に、まずは官公庁向けに販売が開始された。
ランクル伝説始まりの一台である「トヨタ・ジープBJ」。もとは警察予備隊(今の自衛隊)の要請を受けて開発された4WDの試作車であり、1953年に、まずは官公庁向けに販売が開始された。
懐かしい当時モノの「ランクル70」。再販される今の70とは、まったく異なるフロントまわりのデザインが、哀愁漂いまくりで泣かせる。
懐かしい当時モノの「ランクル70」。再販される今の70とは、まったく異なるフロントまわりのデザインが、哀愁漂いまくりで泣かせる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』