黄色をまとう特別な「トヨタ・マークX」発売

2014.09.01 自動車ニュース
「トヨタ・マークX 250G“Sパッケージ・イエローレーベル”」
「トヨタ・マークX 250G“Sパッケージ・イエローレーベル”」

黄色をまとう特別な「トヨタ・マークX」発売

トヨタ自動車は2014年9月1日、セダン「マークX」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車“Yellow Label(イエローレーベル)”を設定し、発売した。

特別仕様車“イエローレーベル”のインテリア(以下同じ)。
特別仕様車“イエローレーベル”のインテリア(以下同じ)。

黄色をまとう特別な「トヨタ・マークX」発売の画像

黄色をまとう特別な「トヨタ・マークX」発売の画像

黄色をまとう特別な「トヨタ・マークX」発売の画像

今回の仕様変更では、「PREMIUM」および「PREMIUM Four」の内装色とシート表皮に、ブラックが追加された。
さらに、オプション「インテリジェントパーキングアシスト(イージーセット機能&駐車空間認識機能付き)」が「250G」と「250G Four」でも選べるようになった。

同時に設定された、特別仕様車“イエローレーベル”は、「250G」「250G Four」をベースに、上質感とインパクトをあわせ持つカラーデザインを与えたというもの。
ボディーカラーは特別設定色のアウェイクンイエローのほか、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、シルバーメタリックの全4色が用意される。

一方のインテリアカラーは、イエローとブラックの2タイプ。専用ファブリックのシート表皮や本革巻きステアリングホイールなどにはイエローステッチをあしらい、上質感とスポーティー感が演出される。

そのほか、主な特別装備は以下の通り。

・ピンキッシュゴールド加飾(ステアリングベゼル/シフトパドル/シフトノブ/シフトベゼル/センターコンソール/グローブボックスオーナメント/ヒーターコントロールパネル/メーターリング)
・スーパークロムメタリック塗装のアルミホイール
・フロントドアのステンレス製スカッフプレート(車名ロゴ入り/イエロー)
・ソフトレザーのドアトリム
・フロントパワーシート(運転席:8ウェイ/助手席:4ウェイ)
・スマートエントリー&スタートシステム(専用スマートキー2本付き)
・フロントドアのスーパーUVカットガラス(はっ水機能付き)
・クルーズコントロール

価格は、以下の通り。
・250G“イエローレーベル”:288万3600円
・250G Four“イエローレーベル”:312万1200円
・250G“Sパッケージ・イエローレーベル”:314万2800円

(webCG)

関連キーワード:
マークXトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スズキが「アルト ラパン」「ソリオ」「イグニス」に充実装備の特別仕様車 2017.12.7 自動車ニュース
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT... 2017.11.24 試乗記