VWが「ゴルフヴァリアント Rライン」を発売

2014.09.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」

フォルクスワーゲンがスポーティーに装った「ゴルフヴァリアント Rライン」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年9月2日、ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に、内外装をスポーティーに仕立てた「Rライン」を追加して発売した。

リアビュー。
リアビュー。
5ダブルスポークタイプの17インチ専用アルミホイール。
5ダブルスポークタイプの17インチ専用アルミホイール。
「R-Line」ロゴバッジ。
「R-Line」ロゴバッジ。

ベースとなったグレードは「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」。1.4リッターターボエンジンや7段AT(DSG)はそのままに、フォルクスワーゲンR社が企画・開発した「Rライン」専用の内外装パーツが装着されている。主要なパーツは以下のとおり。

・前後バンパー(後ろはディフューザー付き)
・サイドスカート
・5ダブルスポーク17インチアルミホイール
・「R-Line」ロゴ・フロントグリルバッジ
・ファブリック&アルカンターラ・スポーツシート(「R」ロゴの刺しゅう入り)
・「R」ロゴ・ステアリングスポークオーナメント
・アルミ調ペダルクラスター

さらにインフォテインメント機能を充実させる「ディスカバープロパッケージ」や、サスペンションや電動パワーステアリングの設定を統合的に変える「DCCパッケージ」などのパッケージオプションがそろう。

ボディーカラーは全6色(有償色を1色含む)。希望小売価格は359万9000円。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」の詳細な写真はこちら。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
ホームへ戻る