VWが「ゴルフヴァリアント Rライン」を発売

2014.09.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」

フォルクスワーゲンがスポーティーに装った「ゴルフヴァリアント Rライン」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年9月2日、ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に、内外装をスポーティーに仕立てた「Rライン」を追加して発売した。

リアビュー。
リアビュー。
5ダブルスポークタイプの17インチ専用アルミホイール。
5ダブルスポークタイプの17インチ専用アルミホイール。
「R-Line」ロゴバッジ。
「R-Line」ロゴバッジ。

ベースとなったグレードは「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」。1.4リッターターボエンジンや7段AT(DSG)はそのままに、フォルクスワーゲンR社が企画・開発した「Rライン」専用の内外装パーツが装着されている。主要なパーツは以下のとおり。

・前後バンパー(後ろはディフューザー付き)
・サイドスカート
・5ダブルスポーク17インチアルミホイール
・「R-Line」ロゴ・フロントグリルバッジ
・ファブリック&アルカンターラ・スポーツシート(「R」ロゴの刺しゅう入り)
・「R」ロゴ・ステアリングスポークオーナメント
・アルミ調ペダルクラスター

さらにインフォテインメント機能を充実させる「ディスカバープロパッケージ」や、サスペンションや電動パワーステアリングの設定を統合的に変える「DCCパッケージ」などのパッケージオプションがそろう。

ボディーカラーは全6色(有償色を1色含む)。希望小売価格は359万9000円。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」の詳細な写真はこちら。

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
ホームへ戻る