VWが「ゴルフヴァリアント Rライン」を発売

2014.09.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」

フォルクスワーゲンがスポーティーに装った「ゴルフヴァリアント Rライン」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年9月2日、ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に、内外装をスポーティーに仕立てた「Rライン」を追加して発売した。

リアビュー。
リアビュー。
5ダブルスポークタイプの17インチ専用アルミホイール。
5ダブルスポークタイプの17インチ専用アルミホイール。
「R-Line」ロゴバッジ。
「R-Line」ロゴバッジ。

ベースとなったグレードは「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」。1.4リッターターボエンジンや7段AT(DSG)はそのままに、フォルクスワーゲンR社が企画・開発した「Rライン」専用の内外装パーツが装着されている。主要なパーツは以下のとおり。

・前後バンパー(後ろはディフューザー付き)
・サイドスカート
・5ダブルスポーク17インチアルミホイール
・「R-Line」ロゴ・フロントグリルバッジ
・ファブリック&アルカンターラ・スポーツシート(「R」ロゴの刺しゅう入り)
・「R」ロゴ・ステアリングスポークオーナメント
・アルミ調ペダルクラスター

さらにインフォテインメント機能を充実させる「ディスカバープロパッケージ」や、サスペンションや電動パワーステアリングの設定を統合的に変える「DCCパッケージ」などのパッケージオプションがそろう。

ボディーカラーは全6色(有償色を1色含む)。希望小売価格は359万9000円。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」の詳細な写真はこちら。

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る