「トヨタ・エスティマ」が雑誌『VERY』とコラボ

2014.09.02 自動車ニュース
「エスティマ 2.4アエラス“VERYエディション”」
「エスティマ 2.4アエラス“VERYエディション”」

トヨタ、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」の一部仕様を変更

トヨタ自動車は2014年9月2日、ミニバン「エスティマ」「エスティマハイブリッド」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車“VERYエディション”を設定し、発売した。

「エスティマハイブリッド アエラス“VERYエディション”」
「エスティマハイブリッド アエラス“VERYエディション”」

「トヨタ・エスティマ」が雑誌『VERY』とコラボの画像

「トヨタ・エスティマ」が雑誌『VERY』とコラボの画像

「トヨタ・エスティマ」が雑誌『VERY』とコラボの画像

今回、エスティマの全車に「S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)」が標準装備とされたほか、エスティマ/エスティマハイブリッドの全車にリバース電動・オート電動格納機能付きのドアミラーが採用された。

“VERYエディション”は女性ライフスタイル誌『VERY』とのコラボレーションによって企画された特別仕様車で、「エスティマ 2.4アエラス 7人乗り」と「エスティマハイブリッド アエラス 7人乗り」の2グレードをベースにしたモデルを新設定。「VERY編集長と読者モデルらの視点を車の内外装の随所に取り入れた、黒基調のシンプルなデザイン」がセリングポイントとされる。

特別仕様車の主な装備内容は以下の通り。

・クロムメッキ仕上げのフロントバンパーモール/サイドモール/フロントエンブレム/バックドアガーニッシュ/フロントフォグランプ
・オールブラック塗装のディスチャージヘッドランプ
・サイバーカーボン調(ブラック)のインストゥルメントパネル/フロントドアアームレスト
・ブラックのルーフピラー
・植毛タイプのフロントピラーガーニッシュ
・フロントドア/スライドドア/クオーターのソフトレザートリム
・ベージュのシート表皮(合成皮革)
・快適温熱シート(運転席・助手席)
・スーパーUVカット・IRカット機能付きのフロントドアガラス
・ナノイー
・リアオートエアコン
・フロントドア左右/スライドドア左右のLEDスポットランプ
・フロントドア左右のドアカーテシランプ
・脱着式デッキボード

価格は、「エスティマ 2.4アエラス“VERYエディション”」が333万8182円。「エスティマハイブリッド アエラス“VERYエディション”」が436万3200円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る