慶應義塾大学電動フルフラットバス:EVの本当のスゴさが宿っている!

【コレはゼッタイ!】慶應義塾大学電動フルフラットバス:EVの本当のスゴさが宿っている!

個人がごく普通にEVを購入し、所有できる日本は、それだけで「EV先進国」である。しかしその背後に、こういうスゴいクルマが控えていることを知ると、日本も「まだまだ捨てたものじゃない」と思うのでは?

■8輪インホイールモーターで走行

このバスには、今年8月の実証実験で同乗させてもらった。7年前に「エリーカ」という超高性能EVを開発し、近年はSIM-DriveというEVベンチャーを興した慶應義塾大学の清水浩教授の作品である。

8輪インホイールモーター、プラットフォーム内蔵バッテリーというメカも独創的だが、それを包み込むボディーも前衛そのもの。普通のバスに比べてあきらかに「腰」が低く、窓が大きいし、グリーン系で統一された車内は明るくて気持ちいい。走りも熟成が進めば文句ないレベルに達するだろう。

「三菱i-MiEV」や「日産リーフ」が普通に買えるわが国は、それだけで世界トップクラスのEV先進国だと思うけれど、清水教授の作品を目にすると、メーカー製EVは中庸であることが分かる。本当の日本のスゴさはこういうクルマに宿っているのだ。

このバスを見た多くの人が、「自分たちの国は、まだまだ捨てたものじゃない」と思うのではないだろうか。

(文=森口将之/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。