新型「スバル・サンバートラック」が登場

2014.09.02 自動車ニュース
「スバル・サンバートラックTC」
「スバル・サンバートラックTC」

新型「スバル・サンバートラック」が登場

富士重工業は2014年9月2日、軽商用車の「スバル・サンバートラック」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。

 
新型「スバル・サンバートラック」が登場の画像
 
新型「スバル・サンバートラック」が登場の画像

スバル・サンバートラックは、富士重がダイハツからOEM供給を受けて販売している、軽トラックである。

今回の新型は、同日発表・発売された10代目「ダイハツ・ハイゼット トラック」の姉妹モデルにあたり、新開発のプラットフォームやボディーにより、居住性や運転のしやすさ、乗降性などを改善。エンジンの改良や電子制御4段ATの採用などにより燃費も向上しており、最高で19.6km/リッター(FR/5MT車)を達成している(JC08モード)。

価格は65万3400円~121万2840円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「スバル・レヴォーグ」がマイナーチェンジ 2017.7.3 自動車ニュース スバルは2017年7月3日、「アイサイト」の機能を強化するなどした改良型の「レヴォーグ」を発表した。同年8月7日に発売する。
  • 「スバル・サンバー」にWRブルーの特別仕様車 2011.7.27 自動車ニュース 富士重工業は2011年7月26日、軽商用車「サンバー」シリーズに発売50周年を記念した特別仕様車「WR BLUE LIMITED(ダブリューアール ブルー リミテッド)を設定し、発売した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
ホームへ戻る