第82回:ポール・ウォーカーが残したデトロイトへの鎮魂歌
『フルスロットル』

2014.09.05 エッセイ

『ワイルド・スピード』の夏になるはずだった

この夏は、『ドラえもん』や『トランスフォーマー』じゃなくて、本当は『ワイルド・スピード』の7作目で盛り上がっていたはずだった。全米公開が7月11日に予定されていたのである。しかし、昨年11月に主演のポール・ウォーカーが亡くなり、公開は来年に延期となった。彼の弟を代役に立ててなんとか撮影を終えたようだが、新作を観られるのは来年になる。待ちきれないのか、YouTubeには『ワイルド・スピード7』のニセ予告編が多数アップされている。

ありがたいことに、ポールが主演した別の作品が公開されることになった。『フルスロットル』は、生前に撮り終えたものとしては最後の作品となる。彼が演じるダミアンは潜入捜査官で、『ワイルド・スピード』と同じだ。ちょっと陰のあるクールな表情が、この役に似つかわしいと思われているのかもしれない。

舞台は、2018年のデトロイトである。街は荒廃し、財政は破綻している。リアリティーのある近未来だ。最も危険な地域は高さ12メートルの壁で隔離され、ブリックマンションと呼ばれている。中は無法状態で、出入りは警察によって厳重に監視されている。このエリアを支配しているのは、トレメインという闇のボスだ。演じるのは、ラッパーのRZAである。彼はボスのくせになぜかいつも料理をしていて、でかい包丁で野菜を刻んでいる。それが、逆に不気味で怖い。

余談だが、RZAが監督も務めた昨年の公開作『アイアン・フィスト』は男の子の夢がすべて詰まった痛快作だった。美しい娼婦たちはみんな殺し屋で、男たちは鉄製の武器を身にまとって激しい抗争を繰り広げる。中国が舞台なのだが、彼自身が主演で村の鍛冶屋役だ。敵に両腕を切り落とされても、自分で作った義手を装着して無敵となる。ただの鋳物なのに、不思議なことに指が動く。

トレメインに歯向かっているのがリノだ。フランス人のダヴィッド・ベルが演じていて、彼にとってこの役は2度目となる。この作品は2006年のリュック・ベッソン作品『アルティメット』のリメイクで、そこでも彼は同じ役だった。

(C) 2013 EUROPACORP - BRICK MANSIONS PRODUCTIONS INC.



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。