「日産NV200バネット ワゴン」に新グレード

2014.09.03 自動車ニュース
「日産NV200バネット ワゴン プレミアムGX」
「日産NV200バネット ワゴン プレミアムGX」

「日産NV200バネット ワゴン」に新グレード

日産自動車は2014年9月3日、商用バンベースの乗用ワゴン「NV200バネット ワゴン」に新グレード「プレミアムGX」を追加するとともに、一部仕様を変更し、販売を開始した。

新色の「ラグーンブルーパールメタリック」。
新色の「ラグーンブルーパールメタリック」。
新色の「タイガーアイブラウンパールメタリック」。
新色の「タイガーアイブラウンパールメタリック」。

今回の変更では、安全に関する法規制強化への対応として、全車にVDC(横滑り防止装置)を標準装備。ボディーカラーに「ラグーンブルーパールメタリック」「タイガーアイブラウンパールメタリック」の2色を追加設定したほか、シートの色を黒とグレーのツートンカラーに変更した。

また、NV200バネットの中でもバンのみに設定されていた上級グレード「プレミアムGX」をワゴンにも追加設定した。専用デザインのフロントバンパーやフロントグリル、フードトップモールに加え、インテリジェントキーやプライバシーガラス、2列目席のスライドサイドウィンドウなどを標準で採用している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・16X-2R(5人乗り):193万7520円
・16X-3R(7人乗り):204万5520円
・プレミアムGX-2R(5人乗り):222万3720円
・プレミアムGX-3R(7人乗り):233万1720円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NV200バネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 第7回:世界の街で働くクルマ 2013.9.26 特集 日産の試乗会から、日本にない商用車や、開発段階にある“未来の働くクルマ”を紹介。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
ホームへ戻る