スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)

ブランドに自信あり 2014.09.08 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。

ハイブリッドじゃないの?

2014年8月25日にスズキ・ワゴンRが3度目のマイナーチェンジを受けた。注目ポイントは、「ワゴンR FZ」と「ワゴンRスティングレー X」のふたつのグレードが記録した32.4km/リッターというJC08モード燃費だ。この燃費は、S-エネチャージという新しいメカニズムがたたき出したものだ。
ちなみに、従来のエネチャージが記録したJC08モード燃費は30.0km/リッター。S-エネチャージが登場した後も、引き続きエネチャージ仕様はカタログに残る。

試乗会前日にS-エネチャージの資料を読みながら、なぜスズキはこのシステムをハイブリッドと呼ばないのか、不思議に思った。オーガニック野菜の「オーガニック」や松阪牛の「松阪」と同じく、ハイブリッドは宣伝にもなるし高いお代も取れる看板だ。S-エネチャージをハイブリッドと呼ばないのは、松阪牛をただの国産牛と表記して売るのと一緒ではないか。

では、そのS-エネチャージとはいかなる仕組みか。ポイントとなるのがISGというデバイスだ。ISGとはインテグレーテッド・スターター・ジェネレーターの略で、と書いてもなんのことだかわかりませんが、要はモーターの役割も果たす発電機。今までオルタネーター(発電機)とスターターモーターが担っていた役割を、ISGが一手に引き受ける。

2012年に現行モデルがデビューした時から、減速時のエネルギーを電気に変換してバッテリーに蓄える回生ブレーキがワゴンRに備わっていた。これがエネチャージだ。
ISGは、エネチャージで用いたオルタネーターより約30%も効率よく発電できるのが特徴だ。電気の出入りが激しくなることにあわせて、リチウムイオンバッテリーの回路にも変更が加えられている。
停止すると、アイドリングがストップする。そしてエンジンが再始動する時に、ISGがスターターの役割を果たす。

問題はこの後の加速するシーンで、ISGはモーターとしてエンジンをアシストするのだ。エンジンとモーターが力を合わせるこの仕組みをハイブリッドと呼ばず、何と呼ぼう。
といったようなことをつらつらと考えながら、試乗会の会場に向かう。

「ワゴンRスティングレー X」のインパネまわり。今回のマイナーチェンジでは装備の強化も図っており、ターボ車の「スティングレー T」には新たにクルーズコントロールを採用した。
「ワゴンRスティングレー X」のインパネまわり。今回のマイナーチェンジでは装備の強化も図っており、ターボ車の「スティングレー T」には新たにクルーズコントロールを採用した。
「ワゴンRスティングレー X」のフロントシート。内装については、標準モデルでは一部の仕様が変更されているのに対し、「スティングレー」ではほぼ従来モデルのものが踏襲されている。
「ワゴンRスティングレー X」のフロントシート。内装については、標準モデルでは一部の仕様が変更されているのに対し、「スティングレー」ではほぼ従来モデルのものが踏襲されている。
「S-エネチャージ」を採用する「ワゴンRスティングレー X」のエンジン。モーターアシスト機構の追加だけでなく、エンジン自体にも燃焼効率の改善やフリクションの低減など、各所に改良を施している。
「S-エネチャージ」を採用する「ワゴンRスティングレー X」のエンジン。モーターアシスト機構の追加だけでなく、エンジン自体にも燃焼効率の改善やフリクションの低減など、各所に改良を施している。
「S-エネチャージ」用のリチウムイオンバッテリー。既存の「エネチャージ」用のバッテリーをベースに、大電流に対応できるよう改良を施したものだ。
「S-エネチャージ」用のリチウムイオンバッテリー。既存の「エネチャージ」用のバッテリーをベースに、大電流に対応できるよう改良を施したものだ。
「ワゴンR FZ」
「ワゴンR FZ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る