第254回:1週間限定のクルマ好きの桃源郷
カリフォルニアで催されたクラシックカーの祭典をリポート

2014.09.08 エッセイ

年に一度の「イノチの洗濯」

今ではすっかり、モントレーの週末、ならぬ“モントレーのクルマ週間”になったようだ。8月の半ば、サンフランシスコから南に170kmの位置にあるモントレー半島の街では、ほぼ1週間にわたって、さまざまな自動車趣味イベントが開催されている。

1996年に初めて“モントレー”を体験して以来、お盆の時期は毎年、モントレーで過ごすようになった。自動車ライターである前に、いちクルマ好き(クルマバカ?)を自負する筆者にとって、それは年に一度の“イノチの洗濯”。古今東西の名車たちを“いやっ”というほど見て、音を聞いて、匂いをかいで、英気を養う(?)というわけだ。

今年も友人たち数人と連れ立って、いそいそと出掛けた。本当は週のアタマから繰り出して、クルマ趣味週間をフルに楽しんでみたいところだけれど、あいにく、お盆進行の締め切り週とぴったり重なる。今年も金土日のメインイベントを中心に、「モントレー・オートモービル・ウイークエンド」を楽しむことに。

スケジュールは、こんな具合だ。

木曜日にサンフランシスコ、またはサンノゼまで飛び、そこからレンタカーでモントレーへ。間に合えば、カーメル市内で行われているペブルビーチコンクール参加車両によるラリーランを見物。金曜日はクエイルロッジで「モータースポーツ・ギャザリング」、土曜日はラグナセカの「モータースポーツ・リユニオン」(時間があれば「コンコルソ・イタリアーノ」)、日曜日はペブルビーチのメインイベント「コンクール・デレガンス」、そして毎夜開催されるオークションも随時見物……。悠長にメシなど食ってるヒマもないほど、クルマ漬けの週末になるというわけ。

順を追って、イベント概要をリポートしてみよう。

極上のエンスー空間を目指した「モータースポーツ・ギャザリング」にはプレミアムブランドも多数協賛する。マクラーレンは、“ロードカー1号車”の「マクラーレンM6GT」を展示。製造はトロージャンが手掛けた。
ラグナセカで行われた「モータースポーツ・リユニオン」にて、名物コーナーの“コークスクリュー”を曲がり下りる、日本から参加の「トヨタS800」。それに「C1コルベット」やモーガン、「アルファ・ロメオSZ」が続く。このSZがベラボーに速かった。
ペブルビーチで行われた「コンクール・デレガンス」の様子。午後からは盛大にコンクールの表彰式が行われる。これをじっくり見学するのも楽しいもの。写真は、セレモニーに臨むラクストンたち。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ