ルノー・キャプチャー:このセンスを市販モデルにも

【コレはゼッタイ!】ルノー・キャプチャー:このセンスを市販モデルにも

ルノーブースの華はクロスオーバーモデルの「キャプチャー」。随所に見られるユニークな試みを、ぜひ量産モデルへつなげていってほしいものだ。

■ハンモック状のシートにも注目!

まずはルノーのような、わが国のマーケットで少数派の立場にあるブランドが、今年ヨーロッパで発表されたコンセプトカーを持ってきたことを評価したい。聞けば1カ月前まで移送できるかどうか微妙だったが、なんとか出展にこぎ着けたそうだ。

その「キャプチャー」だが、ボディーやインテリアは、ルノーのコンセプトカーの例に漏れず、大胆で斬新な仕立てが楽しい。オレンジのボディーは一部をマット仕上げとしてコントラストを出しているし、2+2キャビンに設置されたシートはクッション部に伸縮性のあるロープを使っている。

昔オフィスチェアを探している時、同じようにロープを使った商品があって、座り心地がやけに良かったことを覚えている。これも快適な着座感を届けてくれるのだろう。

ルノーはこのクラスのクロスオーバー車を持たないから、このキャプチャーがそのプロトタイプになるのだろうか。ぜひともこのセンスを生かした市販車の登場へとつなげていってほしいものだ。

(文=森口将之/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。