「水野和敏的視点」 vol.65 「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(前編)

2014.09.05 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.65 「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「メルセデス・ベンツCクラス」である。アルミを用いた大胆な軽量化や空力性能の徹底的な磨きこみなど、そこかしこに“メルセデスの本気”がにじむこの新型は、激戦区の新しいリーダーたるにふさわしいクルマだろうか。ミスターGT-Rが、前編・後編の2回に分けて厳しくチェックする。




メルセデス・ベンツC180アバンギャルド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1810×1435mm/ホイールベース:2840mm/車重:1510kg/駆動方式:FR/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:156ps/5300rpm/最大トルク:25.5kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)225/50R17 (後)225/50R17/車両本体価格:467万円

■空力性能を本気で磨いてきた

いよいよ新型「メルセデス・ベンツCクラス」の販売が日本で始まりました。ラインナップされるのは、1.6リッターターボ(156ps、25.5kgm)の「C180」(419万円)と、その豪華版の「C180アバンギャルド」(467万円)、および2リッターターボ(184ps、30.6kgm)の「C200アバンギャルド」(524万円)。そして、ちょっと遅れて、同じ2リッターターボながらチューンの高い(211ps、35.7kgm)「C250スポーツ」(644万円)が納車される予定とのこと。いずれも4気筒モデルです。今回はその中から売れ筋の「C180アバンギャルド」を選びました。まずは外観を見ていきましょう。

外観の第一印象は、「Cクラスのイメージをよく守っているな」というものでした。パッと見て、ちゃんとCクラスに見えます。例えばリアコンビネーションランプあたりのデザインなんて、先代Cクラスの雰囲気をうまく残していると思いませんか? こういったことは、アイデンティティーを継承する上で、とても大事なポイントです。

それでいて、エアロダイナミクスはかなり変えてきており、空力性能が大きく改善されていることがひと目見てわかります。トランクリッド後端の“跳ね上げ”(リップスポイラーの角度)が強まっているのがわかりますか。前方から来る風を、ここでバーンと跳ね上げてやるんです。これは、Cd値の改善に効果があります。

さらに、リアバンパーの下端、ディフューザー部を後方に延ばしていますね。こうすると、上から来た風と、下から来た風がぶつかるポイントが一段と後方に移動するわけです。これも、Cd値の低減に大きく効きます。実際、新型CクラスのCd値は、0.24という驚異的な数値が発表されています。

好き嫌いはあるでしょうが、新型のエクステリアデザインは空力面での真面目な進化が見て取れます。これは極めて考え抜かれたデザインです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る