BMW M4クーペ(FR/7AT)

享楽のM 2014.09.16 試乗記 「M」の血統を受け継ぐBMWの高性能モデル「BMW M4クーペ」。単に「速い」というだけにとどまらない、豊かな魅力に触れた。

モード切り替えでいかようにも

M4を走らせることは、快適にしてぜいたくな喜びであった。もっと乗っていたい、と思った。なにしろ楽チンで気持ちイイ。ある種の酩酊(めいてい)状態。ドライバーをほどよく酔わせてくれる。

金色の広報車は、右ハンドルの7段デュアルクラッチの2ペダルで、誠に運転しやすい。431psという大パワーも恐るるに足らず。変速が実にスムーズで、まるでトルクコンバーター型オートマチックのようだ。

アダプティブMサスペンションを備えた足まわりは、しなやかなストローク感がある。タイヤ銘柄は、ミシュランのパイロットスーパースポーツで、オプションの19インチを履いている。前255/35、後ろ275/35という太くてペッタンコのZR規格ではあるけれど、Mの先例にならい、ランフラットではないことも効いているのだろう。オプションのカーボンセラミック・ブレーキ(110万円なり)がバネ下を軽くしていることもあるに違いない。可変ダンパーはもちろん、コンフォートモードを選んでいる。

軽く右足に力を入れると、3リッターの直列6気筒ツインターボは、なにより低くて乾いた排気音でもってドライバーを有頂天にする。一本調子のきらいはあるけれど、原始のエナジーがみなぎっている。

早朝の大都会のど真ん中の一般道を駆け抜け、首都高速に上がって、アダプティブMサスペンションのモード切り替えを試みる。シフトレバーの左側のシルバーで囲まれた3つのボタンで、エンジン、ダンパー、ステアリング特性を、それぞれコンフォート、スポーツ、スポーツプラスに切り替えることができる。ギアボックスのプログラムの切り替えはシフトレバーの後方に設けられたスイッチが担う。
ダンパーをコンフォートからスポーツにすると、車体がスーッと低く沈み込むような感じがする(金属バネなので、実際に車高が低くなるわけではない)。戦闘開始である。といって、夏休みのまっただ中で首都高速は混んでいる。どうしようもない。ステアリング特性をスポーツにすると、重くなる。軽い方が個人的には好みである。ステアリングはコンフォートにしてみる。そういうセッティングができるわけである。

Mシリーズの最新モデルである「M4クーペ」は、「M3セダン」ともども2014年1月のデトロイトショーで世界初公開。日本では2月に受注が開始された。
Mシリーズの最新モデルである「M4クーペ」は、「M3セダン」ともども2014年1月のデトロイトショーで世界初公開。日本では2月に受注が開始された。
「M4クーペ」のインパネまわり。テスト車にはオプションで用意されるカーボンファイバートリムが装着されていた。
「M4クーペ」のインパネまわり。テスト車にはオプションで用意されるカーボンファイバートリムが装着されていた。
前席にはサイドサポートの張り出した「Mスポーツ・シート」を標準で採用。運転席にはシートポジションのメモリー機能が備わっている。
前席にはサイドサポートの張り出した「Mスポーツ・シート」を標準で採用。運転席にはシートポジションのメモリー機能が備わっている。
タイヤサイズは前:255/40ZR18、後ろ:275/40ZR18が標準だが、テスト車にはオプションの19インチのものが装着されていた。
タイヤサイズは前:255/40ZR18、後ろ:275/40ZR18が標準だが、テスト車にはオプションの19インチのものが装着されていた。
「M4クーペ」のセンターコンソール。シフトの横に備わるのが走行モードの切り替えスイッチだ。ここで、ドライバーが設定した走行モードを記憶し、ワンタッチで呼び出せるステアリングスイッチも備わる。
「M4クーペ」のセンターコンソール。シフトの横に備わるのが走行モードの切り替えスイッチだ。ここで、ドライバーが設定した走行モードを記憶し、ワンタッチで呼び出せるステアリングスイッチも備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M4クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る