ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(4WD/7AT)

“最楽”のランボルギーニ 2014.09.11 試乗記 “売れっ子スーパースポーツ”「ガヤルド」の跡を継ぐ、ランボルギーニのニューモデル「ウラカン」に試乗。ドライブフィーリングから燃費まで、その実像をリポートする。

スイッチだけでも個性的

地を這(は)うような低いシートに身を沈めると、内装がカクカクしているのがまず印象的だった。ダッシュボードの造形も、スイッチやボタン類も、デザインがいちいち角張っている。

センターパネルの質感はけっこうプラスチッキーだ、というか、プラであることを隠そうとしていない。計器類はすべてカラフルな液晶メーター。それやこれやで、コックピットにはどこかゲームマシン的なムードが漂う。しかしこれも外観同様、決してフェラーリと見間違われまいというランボルギーニ渾身(こんしん)の演出と思えば、納得がいく。

変速機のセレクトレバーがすっかりボタンに置き換えられているのは、近年、フェラーリもランボも同じで、ウラカンにはウインカーやワイパーのレバーがない。いずれもスイッチはハンドルの水平スポークに付いている。垂直スポークでひときわ目立つ真っ赤なスイッチは、3択のドライブモード切り替えだ。

駆動系は4WDだが、SUVじゃないからロードクリアランスは見るからに余裕がない。その対策として、フロントの車高を3cm上げるリフティングシステムが備わる。ボタンを押してから、上がりきるまでの反応も早いので、走行中、気になる段差を見つけた時はすかさず車高アップを励行した。
なにしろ、試乗車はおそらくこの時点で日本に数台しかないウラカン。あまり遠くへは行かないでという走行距離制限を申し渡されていた。

インテリアの様子。エクステリア同様、多くの箇所に六角形のデザインモチーフが採用されている。
メーターは12.3インチの液晶画面にアニメーション表示される。画面いっぱいにカーナビの地図を表示することも可能だ。(写真をクリックすると、表示バリエーションが見られます)
センターコンソールにずらりと並んだスイッチ(写真中央)。これらにより、ウィンドウの開閉、ハザードの点滅、フロントのリフトアップ、アイドリングストップ機能のオン/オフなどを行う。
リアビュー。多角形のウィンドウグラフィックは「宝石を思わせるフォルム」とアピールされる。スリットの入ったエンジンカバーは、往年の名車「ミウラ」をリスペクトしてのもの。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウラカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.1.29 試乗記 パワーアップと軽量化によって、一段とどう猛に仕立てられた「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」に試乗。2.03kg/psというパワー・ウェイトレシオを豪語する“荒ぶる神”を、いざ公道に解き放つ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.6.30 試乗記 ランボルギーニというと、とかくアバンギャルドなイメージを抱きがち。しかし、そこに込められた作り手の思いは意外や“古風”だ。車両の挙動を楽しませてくれる後輪駆動の「ウラカンLP580-2」は、クラシコの粋がわかるドライバーに薦めたい。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【海外試乗記】 2016.5.24 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」のラインナップに加わった後輪駆動モデルの「LP580-2」。運転する楽しさの本質を追究したというこのモデルの実力をサーキットで解き放った。オーストラリアからの第一報。
ホームへ戻る