テスラ、日本で「モデルS」のデリバリーを開始

2014.09.09 自動車ニュース
「テスラ・モデルS」と、米テスラモーターズのイーロン・マスクCEO。
「テスラ・モデルS」と、米テスラモーターズのイーロン・マスクCEO。

テスラ、日本で「モデルS」のデリバリーを開始

テスラモーターズジャパンは2014年9月8日、セダンタイプの電気自動車(EV)「テスラ・モデルS」の日本での納車を開始した。

急速充電器「スーパーチャージャー」について説明するイーロン・マスクCEO。この充電器はおよそ20分でバッテリー最大容量の半分まで充電することが可能であり、テスラ車のオーナーであれば無料で利用できるという。
急速充電器「スーパーチャージャー」について説明するイーロン・マスクCEO。この充電器はおよそ20分でバッテリー最大容量の半分まで充電することが可能であり、テスラ車のオーナーであれば無料で利用できるという。
イーロン・マスクCEOからキーを受け取る、パナソニックの山田喜彦 代表取締役副社長。
イーロン・マスクCEOからキーを受け取る、パナソニックの山田喜彦 代表取締役副社長。
記念撮影を行う、9組のオーナーと、テスラモーターズのイーロン・マスクCEO(右から7人目)およびテスラモーターズジャパンの樺山資正 代表執行役員社長(右から6人目)。
記念撮影を行う、9組のオーナーと、テスラモーターズのイーロン・マスクCEO(右から7人目)およびテスラモーターズジャパンの樺山資正 代表執行役員社長(右から6人目)。

■3年の時を経て、いよいよ納車がスタート

モデルSの日本における予約受付の開始は2011年5月のことで、実に3年以上の時を経て、デリバリーが開始されることとなる。これに合わせて東京・六本木で行われた納車式では、アメリカから来日したイーロン・マスクCEOが登壇。日本への導入が遅れた理由について、「右ハンドル車の設定や各種表示の日本語への対応など、日本に適した仕様を用意する必要があった」「『スーパーチャージャー』(テスラ車向けの急速充電器)が使えるよう、あらかじめインフラを整えておきたかった」と述べるとともに、「日本は米中に次ぐ大きな市場」「アメリカを走っているものでも、中国を走っているものでも、テスラ車のバッテリーはすべて日本のパナソニック製である」と、同社の販売、製造における日本の重要性について語った。

また、今後のインフラ構築の構想についても触れ、「2015年末までに日本全国に『スーパーチャージャー』を普及させたい」とコメント。「EVは経済大国のソリューション(解決策)であり、日本もEVに向かうべき」と、日本におけるEV市場の拡大に期待を寄せた。

なお、今回の納車式において、マスクCEOは9組のオーナーに直々にキーを進呈。その中の一人であるパナソニックの山田喜彦 代表取締役副社長は、「500kmを超える走行距離や力強い加速、17インチのタッチパネルなど、すべてを楽しみにしている」と述べた。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る