BMW X4 xDrive35i Mスポーツ(4WD/8AT)/X4 xDrive28i Mスポーツ(4WD/8AT)

隠せぬ血筋 2014.09.12 試乗記 BMWが「X6」で先鞭(せんべん)をつけた“クロスオーバークーペ”が増殖! ひとまわり小さな「X4」が登場した。箱根のワインディングロードを舞台に、そのフットワークをチェックする。

「X6」が“縮小進化”

メルセデスにBMWにアウディ……と、ドイツのプレミアムブランド発のニューモデル攻勢が、このところ何ともすさまじい。それはまさに「隙あらば新車投入」と表現したくなるほどの勢いだ。

実際にはどうやっても、ニューモデルを投入するまでには数年の開発期間が必要になる。このタイミングで世に生を受けるモデルたちは、少なくとも数年前には“仕込み”に入っていた計算だ。

けれども、3Dプリンターなるもので実用に耐え得る成形品がアッという間に完成してしまうのが今の時代。それだけに、こうして次々と姿を現すニューモデルたちを見ていると、それと同様のお手軽さで出来上がってくるのではないか? と錯覚しそうになる。

ここに紹介する「X4」というモデルが、兄貴分の「X6」の成功に味をしめ、その“縮小コピー”という方向性で進化を遂げたものであろうことは容易に想像が付く。巨大なアメリカ市場に的を絞ったフルサイズモデルに対し、その他の多くの市場への適応性も意識してダウンサイズを図ったモデルをリリースするのは、これまた冒頭に掲げたジャーマン3メーカーの、昨今の常とう手段である。

かくして誕生したX4は、X6と同様に“スポーツ・アクティビティー・クーペ”の一員と紹介される。そもそも「X5」や「X3」など、Xシリーズ中の基盤モデルさえもBMWは「それはSAV、すなわちスポーツ・アクティビティー・ビークルである」と強調している。タフではあるが鈍重なイメージが付きまとう、そんじょそこらのSUVとは一緒にしてほしくない! と主張をするSAVのさらなる発展系が、X6やX4などの“偶数系”が属するスポーツ・アクティビティー・クーペであるということだ。

「X6」の“スポーツ・アクティビティー・クーペ”なるコンセプトを、より小さなサイズで具現した「X4」。2リッター直4ターボエンジンを搭載する「X4 xDrive 28i」と、3リッター直6ターボの「X4 xDrive 35i」がラインナップされる。
「X6」の“スポーツ・アクティビティー・クーペ”なるコンセプトを、より小さなサイズで具現した「X4」。2リッター直4ターボエンジンを搭載する「X4 xDrive 28i」と、3リッター直6ターボの「X4 xDrive 35i」がラインナップされる。
「X4 xDrive 35i Mスポーツ」のインテリア。ダッシュボードのデザインは「X3」に準じているが、ハイグロスブラック仕上げのセンターパネルや、随所に配されたクロムのインサートがさらなる質感を演出している。
「X4 xDrive 35i Mスポーツ」のインテリア。ダッシュボードのデザインは「X3」に準じているが、ハイグロスブラック仕上げのセンターパネルや、随所に配されたクロムのインサートがさらなる質感を演出している。
3リッター直6ターボエンジンは306psと40.8kgmを発生する。JC08モード燃費は12.1km/リッター。
3リッター直6ターボエンジンは306psと40.8kgmを発生する。JC08モード燃費は12.1km/リッター。
なだらかに下降するルーフラインが印象的なリアビュー。テスト車のボディーカラーは「メルボルン・レッド」。
なだらかに下降するルーフラインが印象的なリアビュー。テスト車のボディーカラーは「メルボルン・レッド」。
関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「BMW 3シリーズ グランツーリスモ」にディーゼルモデルが登場 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、「3シリーズ グランツーリスモ」のモデルラインナップに「320dグランツーリスモ」と「320dグランツーリスモxDrive」を追加設定し、販売を開始した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
ホームへ戻る