BMW X4 xDrive35i Mスポーツ(4WD/8AT)/X4 xDrive28i Mスポーツ(4WD/8AT)

隠せぬ血筋 2014.09.12 試乗記 BMWが「X6」で先鞭(せんべん)をつけた“クロスオーバークーペ”が増殖! ひとまわり小さな「X4」が登場した。箱根のワインディングロードを舞台に、そのフットワークをチェックする。

「X6」が“縮小進化”

メルセデスにBMWにアウディ……と、ドイツのプレミアムブランド発のニューモデル攻勢が、このところ何ともすさまじい。それはまさに「隙あらば新車投入」と表現したくなるほどの勢いだ。

実際にはどうやっても、ニューモデルを投入するまでには数年の開発期間が必要になる。このタイミングで世に生を受けるモデルたちは、少なくとも数年前には“仕込み”に入っていた計算だ。

けれども、3Dプリンターなるもので実用に耐え得る成形品がアッという間に完成してしまうのが今の時代。それだけに、こうして次々と姿を現すニューモデルたちを見ていると、それと同様のお手軽さで出来上がってくるのではないか? と錯覚しそうになる。

ここに紹介する「X4」というモデルが、兄貴分の「X6」の成功に味をしめ、その“縮小コピー”という方向性で進化を遂げたものであろうことは容易に想像が付く。巨大なアメリカ市場に的を絞ったフルサイズモデルに対し、その他の多くの市場への適応性も意識してダウンサイズを図ったモデルをリリースするのは、これまた冒頭に掲げたジャーマン3メーカーの、昨今の常とう手段である。

かくして誕生したX4は、X6と同様に“スポーツ・アクティビティー・クーペ”の一員と紹介される。そもそも「X5」や「X3」など、Xシリーズ中の基盤モデルさえもBMWは「それはSAV、すなわちスポーツ・アクティビティー・ビークルである」と強調している。タフではあるが鈍重なイメージが付きまとう、そんじょそこらのSUVとは一緒にしてほしくない! と主張をするSAVのさらなる発展系が、X6やX4などの“偶数系”が属するスポーツ・アクティビティー・クーペであるということだ。

「X6」の“スポーツ・アクティビティー・クーペ”なるコンセプトを、より小さなサイズで具現した「X4」。2リッター直4ターボエンジンを搭載する「X4 xDrive 28i」と、3リッター直6ターボの「X4 xDrive 35i」がラインナップされる。
「X6」の“スポーツ・アクティビティー・クーペ”なるコンセプトを、より小さなサイズで具現した「X4」。2リッター直4ターボエンジンを搭載する「X4 xDrive 28i」と、3リッター直6ターボの「X4 xDrive 35i」がラインナップされる。
「X4 xDrive 35i Mスポーツ」のインテリア。ダッシュボードのデザインは「X3」に準じているが、ハイグロスブラック仕上げのセンターパネルや、随所に配されたクロムのインサートがさらなる質感を演出している。
「X4 xDrive 35i Mスポーツ」のインテリア。ダッシュボードのデザインは「X3」に準じているが、ハイグロスブラック仕上げのセンターパネルや、随所に配されたクロムのインサートがさらなる質感を演出している。
3リッター直6ターボエンジンは306psと40.8kgmを発生する。JC08モード燃費は12.1km/リッター。
3リッター直6ターボエンジンは306psと40.8kgmを発生する。JC08モード燃費は12.1km/リッター。
なだらかに下降するルーフラインが印象的なリアビュー。テスト車のボディーカラーは「メルボルン・レッド」。
なだらかに下降するルーフラインが印象的なリアビュー。テスト車のボディーカラーは「メルボルン・レッド」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る