新型セダン「ジャガーXE」の概要が明らかに

2014.09.09 自動車ニュース
「ジャガーXE S」
「ジャガーXE S」
    拡大

新型セダン「ジャガーXE」の概要が明らかに

英ジャガー・ランドローバーは2014年9月8日(現地時間)、英国ロンドンでのイベントにおいて、新型ミドルサイズセダン「ジャガーXE」を世界初公開した。

ジャガーXEは、上級サルーン「XJ」や「XF」に次ぐ、ミドルサイズの4ドアセダン。今回、正式発表が予定されるパリモーターショー(2014年10月)に先駆けて、シリーズ最上位モデルとなる「XE S」の概要が明らかにされた。

「長いホイールベースと低いシートポジションによって、完璧なプロポーションとクーペのような流線型のシルエットを実現した」とうたわれるボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4672×1850×1416mmで、ホイールベースは2835mm。車重は1474kg以上と公表される。

一方のインテリアは、テクニカルファブリックまたはきめの細かいレザー、アルミやウッドのパネル類からなる仕立て。最大10色が用意されるアンビエントライティングも雰囲気作りに花を添える。

パワーユニットは、340psと45.9kgmを発生するスーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンエンジンを頂点に、2リッター直4ガソリン、さらに「インジニウム」と呼ばれる新開発の2リッター直4ディーゼルが搭載される。トランスミッションは、V6モデルが8ATで、そのほかのエンジンには6MTまたは8ATが組み合わされる。駆動方式は、全車FR(フロントエンジンの後輪駆動)だ。

運転をサポートする先進技術としては、ブレーキとパワートレインを制御し横滑りを防止する「オール・サーフェス・プログレス・コントロール(ASPC)」や、レーザー式ヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)、ステレオカメラによる衝突回避・被害軽減システムおよび車線逸脱警告システムなどが挙げられる。簡単な話し言葉による音声コントロールが使えるカーナビや、同時に複数の端末機器をインターネット接続できる機能も、セリングポイントとなっている。
英国でのスタート価格は、2万7000ポンド(邦貨にして約460万円)になるという。

(webCG)

→「ジャガーXE」のさらに詳しい写真はこちら

関連キーワード:
XEジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る