第364回:「ヴィッツ」もアイキャッチになる?

イタリアのプチ日本ブーム

2014.09.12 エッセイ

気がつけば日本製家電が消えていた

音響機器メーカー「パイオニア」が、ライブやクラブで使われるDJ機器事業を売却する方針であることが、複数の関係者の話として2014年9月3日に伝えられた。パイオニアのDJ機器は世界シェアでトップを占めていることから、話が本当だとすれば、同社の経営は予想以上に深刻な状況かもしれない。

中学生時代、目黒にあった本社1階のショールームに足しげく通い、「ブルーチップ」をためて同社製ヘッドホンと交換し、業界としてはかなり後発組であった同社製カセットテープを購入していたボクとしては、複雑な思いに駆られている。
思えば、イタリアの家電量販店で日本ブランドの存在感が薄くなって久しい。ボクの手元にある電器店のチラシ広告(全12ページ)を見てみる。ようやく一眼レフカメラの欄にキヤノン、テレビ欄にソニーと東芝製が載っているくらいで、PC系、タブレット、ファブレット、そしてモバイルいずれも日本ブランドは皆無である。

わが家にある電化製品も、もはや日本ブランドは数少ない。その数少ないものといえば、10年近く前に買ったサンスイ製DVDプレーヤーだ。昔サンスイといえば憧れのオーディオブランドだったが、それはイタリアのディスカウントスーパーの特売コーナーに置いてあった。日立製薄型アナログテレビも、6年前に、やはり家電量販店の売り出しで買ったものだった。思えば、あの頃からイタリアにおける日本製家電の立ち位置が揺らいでいた。

ちなみに、サンスイのDVDプレーヤーは、もはやあまりDVDを見ないことに気づき、テレビは地デジ化したあとも衛星デコーダーをつないで使っていたが、操作の煩雑さに負けて、先日ついにどちらも手放した。

中学生時代に購入したパイオニア製カセットテープ。その分野における後発メーカーであることから、それなりに応援していたものだ。左はノーマル、右はクロームポジション用。
中学生時代に購入したパイオニア製カセットテープ。その分野における後発メーカーであることから、それなりに応援していたものだ。左はノーマル、右はクロームポジション用。
わが家にあった日立製テレビと、その下に置かれたサンスイ製DVDプレーヤー。2012年撮影。
わが家にあった日立製テレビと、その下に置かれたサンスイ製DVDプレーヤー。2012年撮影。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。