メルセデス・ベンツGクラスに35周年記念モデル

2014.09.10 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツG63 AMG 35th Anniversary Edition」
「メルセデス・ベンツG63 AMG 35th Anniversary Edition」

「メルセデス・ベンツGクラス」に35周年記念の限定車

メルセデス・ベンツ日本は、クロスカントリービークル「Gクラス」に、限定車「G63 AMG 35th Anniversary Edition」「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」を設定し、受注を開始した。デリバリーの開始時期は、前者が2014年10月末、後者は9月半ばとなる。

「G63 AMG 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G63 AMG 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」。ボディーカラーはマグネタイトブラック(写真手前)とポーラーホワイトから選べる。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」。ボディーカラーはマグネタイトブラック(写真手前)とポーラーホワイトから選べる。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」のインテリア。

今回の特別限定車「35th Anniversary Edition」は、1979年に誕生したGクラスの35周年を記念して設定されたもの。ベースモデルの異なる、2車種が用意される。

このうちG63 AMG 35th Anniversary Editionは、ハイパフォーマンスモデル「G63 AMG」がベース。ボディーカラーにはミリタリーペイント「イエローオリーブマット」が採用され、専用の「マットブラックペイント20インチAMG 5スポークアルミホイール」が組み合わされる。
インテリアは、通常オプション扱いとなる「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」でドレスアップ。ダイヤモンドステッチの入ったチタニウムパール/ブラックのdesignoエクスクルーシブレザーシートや、ナッパレザーを用いたダブルステッチ入りのダッシュボードでぜいたくな室内空間が演出される。

G350ブルーテック 35th Anniversary Editionは、ディーゼル車の「G350ブルーテック」がベース。通常は設定のない「AMGオーバーフェンダー」と「専用チタニウムグレーペイント18インチアルミホイール」を採用し、スポーティーなイメージを強めたという。
ボディーカラーは、「マグネタイトブラック」(メタリックペイント)と「ポーラーホワイト」(ソリッドペイント)の2色を用意。インテリアは、チェストナットブラウンの本革シート仕様(前席・後席シートヒーター付き)となっている。

各モデルの販売台数と価格は、以下の通り。
・G63 AMG 35th Anniversary Edition(35台):1950万円
・G350ブルーテック 35th Anniversary Edition(マグネタイトブラック130台、ポーラーホワイト70台):1050万円

(webCG)

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記