新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始

2014.09.10 自動車ニュース
「キャデラック・エスカレード プラチナム」
「キャデラック・エスカレード プラチナム」

新型「キャデラック・エスカレード」の先行予約開始

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年9月10日、新型「キャデラック・エスカレード」の「プレ・オーダー・キャンペーン」を開始し、キャデラックの正規販売店で受注を開始した。受付期間は同年10月20日まで。

「エスカレード プラチナム」の室内
「エスカレード プラチナム」の室内

新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始の画像

新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始の画像

用意されるグレードは、標準的な「エスカレード プレミアム」と、その上級仕様に当たる「エスカレード プラチナム」の2種類。「自分好みのエスカレードが、いち早く手に入れられる」のが当キャンペーンの売りで、ボディーカラーやインテリアカラー、セカンドシートの形状(セパレート式かベンチ式か)が選べるほか、ホイールデザインやアシストステップ、電動スライディングルーフ、ナビゲーションシステムなどのオプション(有償)の有無が選択でき、その組み合わせは合計で640通り(プレミアムで512通り、プラチナムで128通り)にのぼる。車両本体価格はプレミアムが1099万円で、プラチナムが1199万円。納車は2015年3月~4月を予定している。

なお、この価格はプレ・オーダー・キャンペーン期間中にのみ適用される暫定価格であり、通常の価格は2015年初旬の正式デビュー時にあらためて発表される。

新型エスカレードは2013年10月のロサンゼルスモーターショーで発表された。気筒休止システムを備えた6.2リッターV8 OHVエンジン(426ps)に6段オートマチックトランスミッション(AT)を組み合わせて搭載する。

米ゼネラルモーターズはすでにATを8段にする改良を発表しているが、「日本仕様は車両認証などの関係で(6段ATを搭載する)欧州仕様がベースとなっている」(ゼネラルモーターズ・ジャパン)ため、導入時の8段化は見送る。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.14 試乗記 キャデラックの新しいフラッグシップセダンにして、新世代製品群の第1弾である「CT6」。新開発のプラットフォームと高出力のV6エンジン、後輪操舵をはじめとした姿勢制御システムがかなえる、他のフルサイズセダンとは一味違う走りをリポートする。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る