新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始

2014.09.10 自動車ニュース
「キャデラック・エスカレード プラチナム」
「キャデラック・エスカレード プラチナム」

新型「キャデラック・エスカレード」の先行予約開始

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年9月10日、新型「キャデラック・エスカレード」の「プレ・オーダー・キャンペーン」を開始し、キャデラックの正規販売店で受注を開始した。受付期間は同年10月20日まで。

「エスカレード プラチナム」の室内
「エスカレード プラチナム」の室内

新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始の画像

新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始の画像

用意されるグレードは、標準的な「エスカレード プレミアム」と、その上級仕様に当たる「エスカレード プラチナム」の2種類。「自分好みのエスカレードが、いち早く手に入れられる」のが当キャンペーンの売りで、ボディーカラーやインテリアカラー、セカンドシートの形状(セパレート式かベンチ式か)が選べるほか、ホイールデザインやアシストステップ、電動スライディングルーフ、ナビゲーションシステムなどのオプション(有償)の有無が選択でき、その組み合わせは合計で640通り(プレミアムで512通り、プラチナムで128通り)にのぼる。車両本体価格はプレミアムが1099万円で、プラチナムが1199万円。納車は2015年3月~4月を予定している。

なお、この価格はプレ・オーダー・キャンペーン期間中にのみ適用される暫定価格であり、通常の価格は2015年初旬の正式デビュー時にあらためて発表される。

新型エスカレードは2013年10月のロサンゼルスモーターショーで発表された。気筒休止システムを備えた6.2リッターV8 OHVエンジン(426ps)に6段オートマチックトランスミッション(AT)を組み合わせて搭載する。

米ゼネラルモーターズはすでにATを8段にする改良を発表しているが、「日本仕様は車両認証などの関係で(6段ATを搭載する)欧州仕様がベースとなっている」(ゼネラルモーターズ・ジャパン)ため、導入時の8段化は見送る。

(webCG)

関連キーワード:
エスカレードキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • 【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲン、「パサート」のディーゼルモデルを日本に導入 2017.10.11 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2017年10月11日、「パサート/パサートヴァリアント」のディーゼルエンジン搭載モデル「2.0 TDI」を日本市場に導入すると発表した。2018年初めの発売を予定している。
  • 最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場 2017.10.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年10月10日、「BMW 7シリーズ」に特別仕様車「750Li Individual Edition(インディビジュアルエディション)」を設定し、30台の台数限定で発売した。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る