「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車

2014.09.10 自動車ニュース

「アウディA4」の特別仕様車「urban style edition」。


	「アウディA4」の特別仕様車「urban style edition」。

「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車

アウディ ジャパンは2014年9月10日、「A4」および「A4アバント」に特別仕様車「urban style edition」を設定し、同日に販売を開始した。

 
「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車の画像
 
「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車の画像
 
「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車の画像

今回のurban style editionは、「新たな外装色や装備を採用し、A4本来のスポーティーさ、デザイン性をより一層引き立てた」という特別限定車。
ベースとなるのは、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーモデル「A4 2.0 TFSI」「A4 2.0 TFSIクワトロ」「A4アバント 2.0 TFSI」「A4アバント 2.0 TFSIクワトロ」で、主に以下の装備が与えられる。

<エクステリア>
・ハイグロスブラックのフロントグリル
・ブラックテールパイプ(セダンのみ)
・5アームローターデザイン コントラストグレーアルミホイール(ホイールサイズ:7.5J×17、タイヤサイズ:225/50R17)

<インテリア>
・ハイグロスインストゥルメントパネル
・マルチファンクション&パドルシフト付き本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール
・ステンレス製アクセルペダル&ブレーキペダル

セダンのA4は合計200台、ワゴンのA4アバントは合計300台の限定(計500台)で販売される。全車、ハンドル位置は右側のみとなる。価格は以下の通り。

・A4 2.0 TFSI urban style edition:466万円
・A4 2.0 TFSIクワトロ urban style edition:546万円
・A4アバント 2.0 TFSI urban style edition:494万円
・A4アバント 2.0 TFSIクワトロ urban style edition:574万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る