伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売

2014.09.10 自動車ニュース
「ヒミコ クレイジータイマー」をお披露目する光岡自動車 光岡章夫社長(写真左)と三越伊勢丹 常務執行役員伊勢丹新宿本店長の鷹野正明氏(同右)。
「ヒミコ クレイジータイマー」をお披露目する光岡自動車 光岡章夫社長(写真左)と三越伊勢丹 常務執行役員伊勢丹新宿本店長の鷹野正明氏(同右)。 拡大

伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売

光岡自動車は2014年9月10日、伊勢丹とコラボレーションした20台限定の特別仕様車「ヒミコ クレイジータイマー」を発表した。三越伊勢丹が9月23日まで展開する「オンリー・エムアイ 秋のキャンペーン」の会期中、伊勢丹新宿店メンズ館正面玄関で展示販売を行う。


伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売の画像 拡大
インテリア
インテリア 拡大
専用のシフトノブ/シフトベース/パーキングレバー。(写真のタータン柄は「マクミラン/イセタン」)
専用のシフトノブ/シフトベース/パーキングレバー。(写真のタータン柄は「マクミラン/イセタン」) 拡大
「Himiko CRAZY TIMER」刺しゅう入りの専用クロコダイル調合皮シート。
「Himiko CRAZY TIMER」刺しゅう入りの専用クロコダイル調合皮シート。 拡大

伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売の画像 拡大

今回のヒミコ クレイジータイマーは、「三越伊勢丹でしか出会えない『モノ』や『コト』を発信する」という「オンリー・エムアイ」キャンペーンの趣旨にのっとってミツオカが企画した限定車である。ベースとなるのは、電動開閉式ハードトップを備えた「ヒミコ アルドール」で、内外装の各部に伊勢丹をイメージさせるタータン柄を施すなどして、遊び心を演出している。特徴的な専用ボディーカラー「ネオングリーンパール」は、その発色を実現するために、7日間かけて手塗りで仕上げられるという。

インテリアでは、クロコダイル調の合皮シート、アルミ削りだしのシフトレバー、ボディーと同色のネオングリーンパールの上にブラックのグラデーションを施したインテリアデコレーションパネルなど、随所に専用のアイテムが装備される。

特別装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・専用ボディーカラー「ネオングリーンパール(3コートパール塗装)」
・専用フェンダーエンブレム(伊勢丹タータン柄)
・専用18インチアルミホイール&215/35R18タイヤ
・専用グリルバッヂ(七宝焼)
・専用トランクエンブレム
・専用2トーンラッピング(ナイトブラック)

<インテリア>
・専用インパネデコレーション(グラデーション塗装)
・専用アルミ削りだしシフトノブ(アルマイト加工ブラック)
・専用パーキングレバー(伊勢丹タータン柄)
・専用クロコダイル調合皮シート(刺しゅう入り)
・専用ステアリングデコレーションステッカー(グリーン)
・専用シフトベース(伊勢丹タータン柄)
・専用ドアマルチホルダーパネル(ピアノ調ブラック塗装)
・インテリアメッキセレクション(クロム)

販売台数は2種類の伊勢丹タータン柄(「ブラックウオッチ/イセタンメンズ」と「マクミラン/イセタン」)各10台ずつ計20台の限定で、価格は599万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る