第1回:「V60」で八ヶ岳山ろくを駆ける

ひとときのぜいたく 2014.09.11 最新ボルボで 爽快ドライブ! 美しい風景に、とっておきの食と宿。「ボルボV60ラグジュアリー エディション」で味わった、上質なドライブ旅を紹介する。

いざ歴史的リゾートへ

なぜか日本では、避寒という言葉はあまり聞かないのに、避暑は一般的に使われる。どちらも都市生活者の願望から生まれた概念ではあるが、例えば東京から見た避寒の地は南九州や沖縄など、はるかかなたに位置するのに対し、避暑地であれば近場の高原も該当するからだろう。
数字からもそれは立証できる。都道府県別の平均標高を算出すると、1位は長野県の1132m、2位が山梨県の995mで、3位以下を引き離しているのだ。都道府県庁所在地の標高で見ても、最高は長野市の420m、それに続くのが山梨県甲府市の270mとなる。両県が冷涼なリゾートとして多くの人から親しまれる理由は、数字からも明白だ。

たしかに昔の日本人は、「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句が象徴するように、寒暖の差は耐え忍ぶべきものとされていた。旅と言えば伊勢神宮や富士山など、信仰的色彩の強いものだった。そこに観光という概念が盛り込まれたのは、明治維新とともに来日した外国人たちの影響が大きい。

山梨県の清里高原も例外ではない。米国人牧師ポール・ラッシュが、関東大震災直後にキリスト教青年会拠点を立て直すために来日。すっかり日本を気に入った彼は、その後も各地で活動を続けた。そのひとつとして清泉寮の建設があった。日米開戦によりやむなく帰国するものの、戦後再来日すると、清里の開発に全精力を注ぎ、酪農や野菜栽培の指導、学校や病院の開設など、牧師の枠を超えた活動を続けた。
その後、清里はリゾートとしても注目されるようになり、今や一年中観光客が絶えることがない。でも漂う空気がただ澄んでいるだけでなく、どこかハイセンスでラグジュアリーな匂いに包まれているのは、こうした歴史がなせる業ではないかと思うのだ。

今回、「ボルボV60ラグジュアリー エディション」でまず目指したのが、この清里だった。清里へは、中央自動車道小淵沢インターチェンジを降り、八ヶ岳高原ラインを通るルートが一般的だ。しかし今回は長坂インターチェンジで降り、清里高原道路を使った。
理由は長さ490m、高さ110mというスケールを誇る八ヶ岳高原大橋を目にしたかったから。この日は霧に包まれていたが、晴れていれば北に八ヶ岳、南に富士山が見えるという。景観に配慮した設計というとおり、周囲の自然に違和感なく溶け込んでいるところも好ましい。

八ヶ岳周辺の立ち寄り地「まきば公園」でのひとこま。牛馬をはじめ、さまざまな動物が放牧されている。
八ヶ岳周辺の立ち寄り地「まきば公園」でのひとこま。牛馬をはじめ、さまざまな動物が放牧されている。
清里のランドマーク的な宿泊施設、清泉寮にて。
清里のランドマーク的な宿泊施設、清泉寮にて。
清泉寮の敷地内にある、創設者ポール・ラッシュの胸像。氏が愛した富士山を眺めるように立っている。
清泉寮の敷地内にある、創設者ポール・ラッシュの胸像。氏が愛した富士山を眺めるように立っている。
八ヶ岳連峰から流れる川俣川をまたぐ、八ヶ岳高原大橋。通称“黄色い橋”の由来でもあるその色は、紅葉シーズンの景色にも映えるといわれる。
八ヶ岳連峰から流れる川俣川をまたぐ、八ヶ岳高原大橋。通称“黄色い橋”の由来でもあるその色は、紅葉シーズンの景色にも映えるといわれる。

大橋を渡り、一路清里へ。今回の“旅の友”は、ボルボのワゴン「V60ラグジュアリー エディション」。高効率をうたう1.6リッターモデル「V60 T4 SE」に本革シートや各種安全装備を加えた特別仕様車だ。


    大橋を渡り、一路清里へ。今回の“旅の友”は、ボルボのワゴン「V60ラグジュアリー エディション」。高効率をうたう1.6リッターモデル「V60 T4 SE」に本革シートや各種安全装備を加えた特別仕様車だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る