日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)

ハイテクで演出された古典 2014.09.19 試乗記 ダイムラー製の2リッター直噴ターボエンジンを搭載した「日産スカイライン200GT-t」。古典的とも言えるスポーツセダンならではの走りを支えるものとは?

きめ細やかな「おもてなし」

先日、国内外の最新セダンにイッキ乗りする機会があった。中でも一番楽しみだったのが、ダイムラー製エンジンを積む日産スカイライン200GT-tだ。だってスカイラインがメルセデス・ベンツのエンジンを積むなんて、サザンオールスターズのドラムをリンゴ・スターがたたくようなものではないか(ちょっと違いますね)。

ところが実際に乗った日産スカイライン200GT-tはスカGらしいスカGで、きりっと辛口の、やや古典的な味わいのスポーツセダンだった。そのソリッドな操縦感覚は、ライバルたちの中に入っても十分個性的だった。
同時に、時間のないイッキ乗りでは試すことができない奥深さがあることも確認した。そこで、日産スカイライン200GT-tにじっくり乗ってみた。

スカイラインに感じた奥深さとは、「おもてなし」機能である。欧米の列強セダンとイッキ乗りをすると、スポーティーさや動力性能、安全性能といった項目で比較することになる。ただし、レーダーチャートに「おもてなし」という項目を設けると、ここはスカイラインのぶっちぎり、独壇場ではないかと思えた。
では、スカイラインの「おもてなし」機能とはいかなるものか?

スカイラインに乗り込むと、まず「パーソナルアシスタント機能」がもてなしてくれる。何人分かのシート位置を記憶してくれる装置は他社にもあるけれど、スカイラインはドライビングポジションだけでなく、エアコンやオーディオの設定から走りの味付け、安全機能のセッティングまで、最大で3名分を記憶してくれるのだ。料理屋のカウンターに座った瞬間に、「いつもの」が出てくる感じだ。
タッチパネル式の操作画面のアプリも、スマートフォンと同じように好きな順番に並べ替えることができる。

ただし、このまま走りだしてしまうと、スカイラインの面白さの一部を味わわないで終わってしまう。走りの味付けを好みのセッティングにカスタマイズしてから出発したい。スカイラインというクルマは、パソコンのデスクトップを自分の好みに設定するように、セミオーダーできるクルマなのだ。

「スカイライン200GT-t」のインパネまわり。エアコンとオーディオはボタン式、カーナビなどはタッチパネル式と、機能によって操作インターフェイスが使い分けられている。
「スカイライン200GT-t」のインパネまわり。エアコンとオーディオはボタン式、カーナビなどはタッチパネル式と、機能によって操作インターフェイスが使い分けられている。
「Type P」「Type SP」に標準装備される本革シート。メモリー機能付きの電動調整機構が備わっている。
「Type P」「Type SP」に標準装備される本革シート。メモリー機能付きの電動調整機構が備わっている。
後席にトランクスルー機構が一切備わらない「350GT ハイブリッド」に対して、「200GT-t」は全車にアームレストスルーを標準装備。オプションで6:4の分割可倒機構も用意される。
後席にトランクスルー機構が一切備わらない「350GT ハイブリッド」に対して、「200GT-t」は全車にアームレストスルーを標準装備。オプションで6:4の分割可倒機構も用意される。
「200GT-t」の2リッター直4直噴ターボエンジン。基本的には「メルセデス・ベンツE250」などと共通のユニットで、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する。
「200GT-t」の2リッター直4直噴ターボエンジン。基本的には「メルセデス・ベンツE250」などと共通のユニットで、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する。

日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。