第256回:ボルボ新時代の幕開け
新型「XC90」のワールドプレミアイベントに参加して

2014.09.17 エッセイ

ボルボの新時代の到来を告げる新型「XC90」が去る8月の終わり、本国スウェーデンで発表された。内外装のデザインに新しい方針が示されたばかりか、自社開発の新しい車体骨格が採用され、さらにはプラグインハイブリッド車もラインナップするなど、その内容は極めて意欲的なものとなっている。盛大に催されたワールドプレミアイベントをリポートする。

新しい“モジュラーアーキテクチャー”を採用

スウェーデンの首都ストックホルムの中心地からバスに揺られて小1時間ほどの絶景を誇るロケーションの郊外に、アートホール「アーティペラーグ」がある。夏の終わりの8月26日にここへと出向いたのは、ボルボが主催する新型XC90のワールドプレミアイベントに参加するためだった。

ボルボにとってこの新しいXC90は、いつものニューモデルよりもさらに重要な存在といっていいだろう。理由は大きくふたつ。まずひとつ目は、ボルボがかねてから開発していた「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」を採用した第1弾モデルだということ。そしてもうひとつは、デザイン部門のトップに就任したトーマス・インゲンラート氏が初めてゼロから手掛けたモデルだからである。

軽く補足しておくと、まずSPAはボルボにとって実に久々の、完全自社設計の車体の基本骨格となる。現行モデルのそれはフォード傘下の時代に基礎がつくられたものだが、将来を見据えた時には当然、新しい車体が必要。そこでボルボは幅広い車両タイプやデザインに対応でき、軽量で剛性の高いモジュラーシステムをまっさらな状態から構築することとしたわけだ。

実際、ボルボの中型以上のモデルすべては将来的にこのSPAから生み出されることになる。組み合わされるのは、先行してデビューした直列4気筒2リッター過給器付きのDrive-Eパワートレインである。

この新型XC90の場合、SPAの採用で車体は従来より125kgの軽量化を達成。そこに計4種類のガソリンとディーゼル、さらには400psの最高出力を60g/kmの低CO2排出量で実現する“ツインエンジン”と呼ばれるプラグインハイブリッド車と、豊富なパワートレインをそろえる。

そしてトーマス・インゲンラート氏。2012年にフォルクスワーゲングループよりデザイン担当上級副社長として移籍してきた氏は、2013年のフランクフルトショー以降「コンセプト クーペ」「コンセプトXCクーペ」「コンセプト エステート」の3部作を発表して新しいボルボデザインの姿を提示してきた。新型XC90では、いよいよそのエッセンスが市販車に注ぎ込まれることになる。

新型「XC90」は、これからのボルボの方向性を示す“羅針盤”でもある。
新型「XC90」は、これからのボルボの方向性を示す“羅針盤”でもある。
発表会が行われた美術館「アーティペラーグ」は、ストックホルムの東方約20km、ストックホルム群島のヴァルムドに位置する。ユニークな施設名は「アート」と「アーキペラーグ(群島)」を合わせた造語とのことだ。
発表会が行われた美術館「アーティペラーグ」は、ストックホルムの東方約20km、ストックホルム群島のヴァルムドに位置する。ユニークな施設名は「アート」と「アーキペラーグ(群島)」を合わせた造語とのことだ。
ボルボの新しい車体骨格「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」が初採用された。柔軟性の高さが売りだ。
ボルボの新しい車体骨格「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」が初採用された。柔軟性の高さが売りだ。
デザイン担当のトーマス・インゲンラート上級副社長。
デザイン担当のトーマス・インゲンラート上級副社長。
新型「XC90」のリアビュー。
新型「XC90」のリアビュー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る