フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン アップグレードパッケージ(FF/7AT)

世の中をひっくり返す 2014.09.17 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」にマイナーチェンジが施された。外観の変更は少ないながらも、中身は大きく変わったという新型をテストする。

「ゴルフ」の安全装備を採用

テニスの全米オープンで錦織 圭選手が1回戦を突破したというニュースを聞いた時、まさかあんな大騒ぎになるとは思わなかった。同じように、「フォルクスワーゲン・ポロ」がマイナーチェンジを受けたと聞いた時は、まさかこんな一大事になるとは夢にも思わなかった。
こう言っちゃなんですが、優等生のポロのマイチェンというのはどちらかといえば地味なニュースだ。「もともとよくできていたし、大冒険もしないだろう」的な。悪くはないだろうけれど、腰を抜かすようなショックも受けないはずだ。

そんなことをつらつらと考えながら試乗会会場に到着、居並ぶ新型ポロを見渡して、デザインが大きく変わっていないことを確認する。現行ポロのデザインは世界的に好評とのことで、ほとんど手が加わっていない。
フロントグリルの地面と水平方向のラインが強調され、ヘッドランプとテールランプの形状に手が加わってやや存在感を増したものの、新旧モデルを並べて「間違いさがし」をしなければ発見できない程度の違いしかない。

ステアリングホイールが兄貴分にあたる「ゴルフ」と同タイプになるなど、インテリアのほうが変化の幅は大きい。メータークラスターも立体的なデザインになったほか、ドアトリムにクロム処理が施されるようになるなど、全体に少し高そうになった。
実は試乗後に、シートのデザインも変わっていると知らされたけれど、恥ずかしながら試乗中は気付かなかった。

日本に導入されるグレードは、とりあえずのところ「ポロTSIコンフォートライン」(223万9000円)と「ポロTSIコンフォートライン アップグレードパッケージ」(249万5000円)の2種類。
トピックはミリ波レーダーを用いる安全装備がどちらのグレードにも標準装備されることだ。衝突回避や被害の軽減が期待できる自動ブレーキ「フロントアシストプラス」、衝突や追突のショックを感知すると自動ブレーキが働いて2次衝突のリスクを下げる「マルチコリジョンブレーキシステム」がそれだ。

さらにアップグレードパッケージには、クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせ、先行車両との距離を適切に保ちながら追従する「アダプティブクルーズコントロール」も備わる。
ここまでお読みいただくとわかるように、現行ゴルフに投入した安全テクノロジーをポロにも採用したのだ。

今回のマイナーチェンジではヘッドライトの意匠も変更された。
今回のマイナーチェンジではヘッドライトの意匠も変更された。
インテリアでは「ゴルフ」と同タイプのステアリングホイールやメータークラスターが採用された。
インテリアでは「ゴルフ」と同タイプのステアリングホイールやメータークラスターが採用された。
上級グレードの「アップグレードパッケージ」は前席にアームレストが備わる。
上級グレードの「アップグレードパッケージ」は前席にアームレストが備わる。

フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン アップグレードパッケージ(FF/7AT)【試乗記】の画像
ミリ波レーダーを用いた安全装備は全車に標準で装備される。
ミリ波レーダーを用いた安全装備は全車に標準で装備される。
テールランプのデザインも変更されている。
テールランプのデザインも変更されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る