第3回:「ボルボV60」試乗インプレッション

意志を感じるクルマ 2014.09.16 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボV60ラグジュアリー エディション

高速道路からワインディングロードまで、600kmを超えるドライブルートで「ボルボV60ラグジュアリー エディション」に試乗。その安全性能を支える運転支援システムを含めた、実力をテストした。

リーズナブルな基幹モデル

ボルボV60ラグジュアリー エディションに乗るのは、これが2度目だ。ただし前回は、東京都内の試乗会で1時間程度接しただけなので、その走りを体感し尽くしたとは言えない。だから今回、八ケ岳周辺を1泊2日でドライブするというプランは、このクルマの神髄を知る意味で、願ってもない機会だった。

ラグジュアリー エディションについていま一度紹介しておくと、1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジンに6段ATを組み合わせた、前輪駆動の「V60 T4 SE」に、レザー・パッケージとセーフティ・パッケージ、パーソナル・カー・コミュニケーター(PCC)、キーレスドライブを組み込んだ特別仕様車だ。
追加装備を価格に換算すれば約50万円分にもなるのに、車両価格は419万円で、T4 SEより20万円以上安い。でもラグジュアリー エディションは、安さだけが取りえなのではない。それを往復600km以上の道のりで思い知らされた。

八ヶ岳へは、東京からも名古屋からも、中央自動車道を使うのが一般的だ。今回もそのルートを選んだ。100km以上もの間、高速道路を走り続けることになるので、標準装備される全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に頼ることにした。

同種の装備は国産、輸入車を問わず普及が進んでおり、いまや珍しい装備ではない。しかし中央自動車道を巡航しながら、ボルボのそれは完成度の点でトップレベルにあると感じた。人間の感覚に限りなく近い作動感だったからだ。

「ボルボV60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「V60 T4 SE」をベースに、本革シートや安全装備が与えられた特別仕様車。2014年5月に発売された。


    「ボルボV60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「V60 T4 SE」をベースに、本革シートや安全装備が与えられた特別仕様車。2014年5月に発売された。
特別装備のひとつである、本革仕立てのシート。車体色に合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのカラーが組み合わされる。
特別装備のひとつである、本革仕立てのシート。車体色に合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのカラーが組み合わされる。
「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれる、板状のセンターコンソールを持つインテリア。本革巻きのステアリングホイールが与えられる。
「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれる、板状のセンターコンソールを持つインテリア。本革巻きのステアリングホイールが与えられる。

第3回:「ボルボV60」試乗インプレッションの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る