第3回:「ボルボV60」試乗インプレッション

意志を感じるクルマ 2014.09.16 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボV60ラグジュアリー エディション

高速道路からワインディングロードまで、600kmを超えるドライブルートで「ボルボV60ラグジュアリー エディション」に試乗。その安全性能を支える運転支援システムを含めた、実力をテストした。

リーズナブルな基幹モデル

ボルボV60ラグジュアリー エディションに乗るのは、これが2度目だ。ただし前回は、東京都内の試乗会で1時間程度接しただけなので、その走りを体感し尽くしたとは言えない。だから今回、八ケ岳周辺を1泊2日でドライブするというプランは、このクルマの神髄を知る意味で、願ってもない機会だった。

ラグジュアリー エディションについていま一度紹介しておくと、1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジンに6段ATを組み合わせた、前輪駆動の「V60 T4 SE」に、レザー・パッケージとセーフティ・パッケージ、パーソナル・カー・コミュニケーター(PCC)、キーレスドライブを組み込んだ特別仕様車だ。
追加装備を価格に換算すれば約50万円分にもなるのに、車両価格は419万円で、T4 SEより20万円以上安い。でもラグジュアリー エディションは、安さだけが取りえなのではない。それを往復600km以上の道のりで思い知らされた。

八ヶ岳へは、東京からも名古屋からも、中央自動車道を使うのが一般的だ。今回もそのルートを選んだ。100km以上もの間、高速道路を走り続けることになるので、標準装備される全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に頼ることにした。

同種の装備は国産、輸入車を問わず普及が進んでおり、いまや珍しい装備ではない。しかし中央自動車道を巡航しながら、ボルボのそれは完成度の点でトップレベルにあると感じた。人間の感覚に限りなく近い作動感だったからだ。

「ボルボV60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「V60 T4 SE」をベースに、本革シートや安全装備が与えられた特別仕様車。2014年5月に発売された。


    「ボルボV60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「V60 T4 SE」をベースに、本革シートや安全装備が与えられた特別仕様車。2014年5月に発売された。
特別装備のひとつである、本革仕立てのシート。車体色に合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのカラーが組み合わされる。
特別装備のひとつである、本革仕立てのシート。車体色に合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのカラーが組み合わされる。
「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれる、板状のセンターコンソールを持つインテリア。本革巻きのステアリングホイールが与えられる。
「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれる、板状のセンターコンソールを持つインテリア。本革巻きのステアリングホイールが与えられる。

第3回:「ボルボV60」試乗インプレッションの画像
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る