ボルボS60ポールスター(4WD/6AT)

スポーティーボルボの白眉 2014.09.18 試乗記 ボルボがレースパートナーのポールスターと共同開発した「S60/V60ポールスター」。サーキットで培われた技術が注がれたスポーティーボルボを、箱根のワインディングロードで試した。

コンプリートカーとして登場

メーカー全体のスポーツイメージを高めたり、新たに高性能車を登場させたりするには、レースと結びつけるのが手っ取り早い。トヨタとTRD、日産とニスモ、ドイツ車ならBMWにおけるMや、メルセデス・ベンツのAMGなどがその例にあたる。ボルボの場合は、昔から実直ながらも同時に地味なイメージも引きずっており、近年のデザイン面における若々しい躍進はあるにせよ、それを完全に払しょくするまでには至っていない。そこを援護射撃するのがポールスターというわけだ。

ただし、レースカーそのものは競技で勝つことを当面の目的とするため、粗野で雑な仕上がりであることも多い。ロードカーとしてはただ速いだけでは納得されにくく、それなりに洗練させることも必要となる。その辺の繊細な神経や気配りが、この手のチューニングカーを仕上げるコツでもある。

とかく雑になりがちなマスプロの生産車と比べ、手作り的に細部にわたって入念に組みなおされたクルマは、同じ材料やパーツをつかっているとは思えないほど、まったくの別モノに生まれ変わる。それがチューニングカーの世界だ。逆に言えば、量産車がいかに大ざっぱでラフに造られているかがわかる。よって量産するのはムリで、「S60/V60ポールスター」の場合には世界限定750台となり、日本への割り当ては90台のみ。価格はS60ポールスターが799万円(90台のうちの30台)、V60ポールスターが819万円(同60台)だ。

ポールスターという名前を、電子制御のエンジンマネジメントのうち、CPUロムのみを替えて、動力性能面を向上させた仕様として送り出されてきた頃から知っている人もいるだろう。今回はエンジンだけでなく、サスペンションやブレーキ、ATやAWDの駆動系、エアロダイナミクスに基づく付加物をはじめ、インテリアやエクステリアのデザイン変更など多岐にわたっており、全体に手を加えたコンプリートカーとして登場した。

「S60/V60ポールスター」のベースは「S60/V60 T6 AWD R-DESIGN」。前後スポイラーの形状などが変更され、空力性能が最適化されている(テスト車はS60ポールスター)。
「S60/V60ポールスター」のベースは「S60/V60 T6 AWD R-DESIGN」。前後スポイラーの形状などが変更され、空力性能が最適化されている(テスト車はS60ポールスター)。
タイヤサイズは前後とも245/35ZR20。フロントブレーキにはブレンボの6ピストンキャリパーが用いられている。
タイヤサイズは前後とも245/35ZR20。フロントブレーキにはブレンボの6ピストンキャリパーが用いられている。
リアバンパーの下方には専用のディフューザーが備わる。
リアバンパーの下方には専用のディフューザーが備わる。

ボルボS60ポールスター(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る